Mixhostを使っている感想と評判・評価、魅力および初期費用について

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、私自身が利用しているMixhostについて、魅力と感想を紹介します。

総合的に、Mixhostは、

  • 再販可能
  • 速度を最重要視する

と考えている方にピッタリのレンタルサーバーです。

スポンサーリンク

Mixhostの価格

先にブログ運営で重要な要素となるMixhostの初期費用、月額料金、ストレージ容量について紹介します。

スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス エンタープライズ
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
月額料金 880円~ 1,780円~ 3,580円~ 7,180円~ 14,380円~
ディスク容量 200GB 300GB 400GB 500GB 600GB
データベース数 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
無料お試し期間 10日間 10日間 10日間 10日間 10日間

簡単に用語の説明です。

初期費用

初期費用とは、契約の初回でのみ発生する費用のことです。

通常は3000円程度の初期費用が発生するのですが、Mixhostは無料なので、サーバーの月額料金だけで契約することができます。

月額料金

サーバー契約中に毎月発生する価格であり、契約時に先払いでまとめて払います。

表の月額料金は36か月契約をした場合の価格で、長期契約をしたほうがお得になります。

ディスク容量

ディスク容量は200GBあれば十分ですから、プランにおける差はないと考えて大丈夫です。

データベース数

データベースはWordPressを1個運営するのに、1個のデータベースを消費します。

よって、データベースの数というのは、運営できるWordPressの数と読み替えて何の問題もないです。

Mixhostはデータベース数無制限なので、WordPressを無制限に設置可能です。

マルチドメイン

マルチドメインは、サーバーアカウントに設定できる独自ドメインの数です。

無制限なので、何個設置しても問題ありません。

データベース数の無制限と合わせて、無限にブログを開設できることになります。

無料お試し期間

費用が一切発生せず、本契約の前に無料で使い心地を確かめる期間です。

一部機能を除いて本契約時と同じ性能のサーバーを利用できます。

気に入らなかったら、無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。

Mixhostで初回契約時に支払う費用(初期費用)と料金プラン

ここで、一般的なパターンにおけるMixhostの初期費用について紹介します。

サーバー契約のみの初回費用

サーバーのみを契約するシンプルなプランです。

WordPressの移転作業などがご自身で行える場合、サーバー契約のみで十分です。

1年契約の場合

  • スタンダード:月額980円×12=11,760円
  • プレミアム:月額1,980円×12=23,760円
  • ビジネス:月額3,980円×12=47,760円
  • ビジネスプラス:月額7,980円×12=95,760円
  • エンタープライズ:月額1,5980円×12=191,760円

2年契約の場合

  • スタンダード:930円×24=22,320円
  • プレミアム:1,880円×24=45,120円
  • ビジネス:3,780円×24=90,720円
  • ビジネスプラス:7,580×24=181,920円
  • エンタープライズ:15,180円×24=364,320円

3年契約の場合

  • スタンダード:月額880円×36=31,680円
  • プレミアム:月額1,780円×36=64,080円
  • ビジネス:月額3,580円×36=128,880円
  • ビジネスプラス:月額7,180円×36=258,480円
  • エンタープライズ:月額14,380円×36=517,680円

迷ったら、とりあえずスタンダードプランを1年契約しましょう。

Mixhostはプランのアップグレード・ダウングレードが即時可能です。

一番低価格なスタンダードプランを契約し、性能が不足するなら追加料金でプレミアムプラン以上に即時変更可能です。

なお、ダウングレードの際には返金はありません。

Mixポイントという形でアカウントにポイントが付与され、次回のサーバー更新時に割引という形で返金が行われるので、ダウングレードを前提とした契約はあまりお勧めできません。

WordPress移転代行サービスを利用する際の初回費用

MixhostではWordPress移転代行サービスが提供されています。

WordPressの移転には、ウェブサーバー上のファイルだけではなく、データベースの移転作業も必要となります。

データベースの操作に自信のない方は、WordPressの移転代行作業を依頼することが可能です。

WordPress移転代行サービスの価格は、下の表のようになります。

上記サーバー価格とは別途発生する料金です。

WordPressサイト1個当たりの価格
基本料金 9,980円
SSL化済みのWordPressの移転の追加料金 3,980円
非SSLのWordPressのSSL化に関する追加料金 4,980円
移転困難なレンタルサーバーからの移転作業に関する追加料金 4,980円~

MixhostのWordPress移転代行サービスの最低価格は9,980円からです。

URLがhttps://~となっているSSL化されたWordPressは、追加で3,980円が発生し、合計金額は13,960円となります。

また、現状においてSSLに対応していないWordPressを移転し、Mixhost上でSSL化する場合には、追加料金4980円が発生し、合計金額は14,960円となります。

現状においてWordPressのSSL化はセキュリティ面から常識となっているので、SSL化していないWordPressを利用中の方は、Mixhostへの移転の際に、SSL化を行うことをお勧めします。

移転困難なレンタルサーバーに関する追加料金は、通常発生しません。

念のための記載というところでしょう。

例)

スタンダードプラン1年契約で、SSL化済みのWordPressの移転代行を申し込んだ場合、

  • サーバー代:11,760円
  • WordPress移転代行基本料金:9,980円
  • SSL化に関する追加料金:3,960円

となるので、合計25,700円の初期費用が発生します。

WordPress SSL化代行費用

WordPress SSL化代行費用は、すでにMixhostに移転してあるWordPressのSSL化を代行するサービスです。

  • WordPressの移転作業は自分でできるけど、SSL化だけ代行してもらいたい
  • 運営中に方針が変わり、SSL化することにした

際に利用できます。

WordPressのSSL化代行費用は、1サイト当たり8,980円です。

これからMixhostに移転する方は、上記のWordPress移転代行サービスでSSL化したほうが、料金的にお得です。

スポンサーリンク

Mixhostのいいところ

LiteSpeed+LSAPI無しではMixhostは語れない

まず、Mixhostについては、

  • ウェブサーバーのLiteSpeed
  • PHP動作モードのLSAPI

この2点無しでは絶対に語ることのできないレンタルサーバーです。

この記事では簡潔に要点のみをまとめますが、より詳しく知りたい方は、ウェブサーバーとPHP動作モードの比較をご覧ください。

LiteSpeedとは

LiteSpeedは、Apacheの弱点を克服したウェブサーバーです。

Apacheは高速な代わりにメモリ消費が激しく、大量アクセスがあった際にはサーバーダウンを招いていました。

また、共用レンタルサーバーにおいて、ユーザーごとのリソースの区切りが難しかったという問題があります。

よく、レンタルサーバーは他人の影響を受けるって聞きますよね。

それがまさにApacheの弱点です。

これに対し、新世代ウェブサーバーとなるLiteSpeedは

  • 大量アクセス時にもメモリの消費を抑える
  • ユーザーごとのリソースの区切りが容易

という2点を備えています。

よって、LiteSpeedは突発的なバズでもサーバーダウンは発生しにくいです。

また、ユーザーごとの区切りが容易ということで、他人の影響を受けません。

LSAPIとは?

LSAPIは、LiteSpeed Server Application Programming Interfaceという、PHP動作モードのことです。

LiteSpeedは、アクセスが増えても処理速度が低下しにくい、最も優れているPHP動作モードです。

PHP動作モードの速度面での比較は、LSAPI>モジュール>FastCGI>CGIとなります。

LSAPIの最大の特徴はキャッシュにあり、WordPressの共通部分となる、

  • ヘッダー
  • サイドバー
  • フッター

をキャッシュすることで、最速のPHP動作モードとして君臨しています。

Mixhostは柔軟性のある転送量

Mixhostのメリットとしては、柔軟性のある転送量です。

普通のレンタルサーバーであれば、一日単位で転送量が設定されているので、バズったときに一日分の転送量の上限に達すると、ハイ終了となってサーバーが落ちます。

よって、極端な例ですけど、

  • 普段は閑古鳥の鳴いているブログ
  • ある日に一発のバズでアクセス数が大爆発した

場合、普通のレンタルサーバーはブログが落ちます。

それに対して、Mixhostの場合には転送量が月単位で決まっており、一日単位での転送量に制限はありません。

Mixhostは合計値で見ますから。

この月単位で転送量が決まるという柔軟性の高さは、新規参入しているLiteSpeedを採用しているレンタルサーバーに多いです。

禁止コンテンツがほぼ存在しない

Mixhostは合法的な範囲内であれば、禁止コンテンツがほぼ存在しないので、非常に柔軟なサイト運営が可能になります。

再販が可能

Mixhostは再販が可能です。

再販とは、第三者にサーバー領域の一部を貸し出すことを言い、有料・無料に関係ありません。

また、再販という定義に関しても、レンタルサーバー各社によって違いがあります。

例えばウェブサービスを運営したいなど、再販に含まれる運用を行う可能性があるという場合には、サーバー会社の再販に関する規約はしっかりと熟読したほうがいいです。

なお、Mixhostについては再販に制限がありませんので、自由なコンテンツを運営できます。

実際、私自身が運営しているウェブサービスも、Mixhostで運営しています。

例えば、ブログカウンターの配布をしているのですが、これが再販にあたる運用方法になります。

ブログカウンターの画像が、第三者のブログに配布することを目的としているので、無料ですが再販にあたる運用になります。

合法的コンテンツはすべて運営できる

Mixhostは合法的な範囲内のコンテンツであればひとまず運営できると考えて問題ないです。

なので、レンタルサーバー会社のコンテンツに関する規約に縛られたくない場合には、Mixhostを選んでおくのが一番安全です。

Mixhostのダメなところ

cPanelが使いにくい

Mixhostの欠点としては、cPnanelの使いにくさです。

cPanelとは、アメリカ発祥のサーバーのコントロールパネルなのですが、元々が英語のツールなのです。

  • 英語のツールを日本語に頑張って訳してあるのですが、
  • 不自然な日本語

英語をカタカナにしただけなどという翻訳で不完全な部分があり、初見では使いにくいです。

不安定といううわさがある

Mixhostは不安定といううわさがあります。

実際にこの記事を書いている時間(2019/12/10 18:58)において、マイページがメンテナンスされてアクセスできませんでした。

ブログの表示は正常に行われているようですが、他社と比べるとやはり不安定な印象はあります。

ブログは24時間365日アクセスできるインフラだと考えているなら、迷わずエックスサーバー の方がいいでしょう。

今まで様々なレンタルサーバーを利用してきましたが、エックスサーバーほど安定感のあるレンタルサーバーは他にありませんでした。

Mixhostと志向の違うライバルレンタルサーバー

さて、Mixhostの魅力について書いてきましたが、Mixhostとは特徴の異なるレンタルサーバーを2つ紹介します。

JETBOY:より低価格にLiteSpeedを使える

JETBOYというレンタルサーバーも、Mixhostと同様、LiteSpeed+LSAPIのレンタルサーバーになります。

公式サイト JETBOY
初期費用 500円~
月額料金 290円~
サポート体制 メール
無料お試し期間 14日間

JETBOYのメリットは、最安プランが月額290円ということ。

Mixhostは880円からですので、より低価格にLiteSpeedを使うことができます。

ただ、Mixhostと同価格帯のプランで比較するとあまりにもコストパフォーマンスが悪いので、単純に価格を抑えたいという場合以外にはメリットを見つけにくいのが難点です。

JETBOY

エックスサーバー:より安定性を求める場合

ブログは24時間365日表示されて当たり前です。

よって、ブログ運営はインフラだと考えているなら、エックスサーバーがおすすめです。

※当サイトもエックスサーバーで運営しています。

公式サイト エックスサーバー
初期費用 3000円
月額料金 900円~
サポート体制 電話・メール
無料お試し期間 10日間

正直、エックスサーバーの速度面に関しては、あまり期待できません。

やはり、Nginx+ApacheにFastCGIの組み合わせですから、LiteSpeed+LSAPIには見劣りします。

しかし、昔ながらの実績のある技術で運営されていますからトラブルシューティングが確立されており、未知のトラブルが発生する可能性が限りなく低いという点で安心感があります。

エックスサーバー

まとめ

ここまで、Mixhostの魅力について紹介してきました。


MixHost (公式サイト)

MixhostはLiteSpeedにLSAPIを採用している高速レンタルサーバーです。

レンタルサーバーを選ぶ際の価値観として、速度を最重要視している場合には最適なレンタルサーバーです。

なお、Mixhostには様々なプランがありますが、とりあえずスタンダードプランから開始するのがいいでしょう。

Mixhostはプランのアップグレードが即時可能であり、アクセスが増えてきたらすぐにプレミアムプラン以上に切り替えることができます。

また、ダウングレードも可能であり、アクセスが減ってきたらスタンダードプランにダウングレードも可能です。

ひとまず初めてMixhostを使う場合、スタンダードプランを使ってから、必要に応じてアップグレードしていくことで、ご自身のブログ規模にあった最適なプランを選択できます。

今回紹介したレンタルサーバー一覧

速度最重要視のレンタルサーバー

公式サイト MixHost
初期費用 無料
月額料金 880円~
サポート体制 メールサポート
無料お試し期間 10日間

低価格ながらも速度に優れるレンタルサーバー

公式サイト JETBOY
初期費用 500円~
月額料金 290円~
サポート体制 メール
無料お試し期間 14日間

安定性最重視のレンタルサーバー

公式サイト エックスサーバー
初期費用 3000円
月額料金 900円~
サポート体制 電話・メール
無料お試し期間 10日間
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★このブログの運営者★

写真
名前:ブリュ
学歴:東京大学 修士課程修了
趣味:車(愛車はレガシィ)
ツイッター@brionac_yu_yake
※フォローはお気軽に。
より詳細な自己紹介はこちら
WordPressなどのトラブルシューティングのご質問は、ツイッターのDMなどで受け付けています。