サイトを公開するまでの全手順を説明します。

サイトを公開するまでの全手順を説明します。

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

ここでは、サイト運営で必須となる事柄について可能な限り簡潔にまとめました。

サイトを運営するには、ドメインを取得、レンタルサーバーを借りる、htmlをアップロードするという流れがあります。

この記事を読んだら、誰でもサイトを公開することができますよ!

順を追って解説していく定番記事です。

スポンサーリンク

ドメインを取得する。

サイトの表示にはドメインが必要です。

ドメインはサーバー会社が無料で提供するサブドメインも利用できますが、別途独自ドメインを取得したほうがいいでしょう。

理由も含め、ドメイン取得がまだの方はこちらの記事をご覧ください

ドメイン

ドメインをもう取得している方は、「レンタルサーバーを契約する」をご覧ください。

レンタルサーバーを契約する

記事をアップロードするためのレンタルサーバーを契約する必要があります。

レンタルサーバーは無料のものから有料レンタルサーバーまで。

価格帯も様々です。

角に高額なレンタルサーバーを契約する意味もないので、初めのうちは低価格なレンタルサーバーで良いでしょう。

無料レンタルサーバーでも十分です。

サイト規模に合わせてサーバーを乗り換えていきましょう。

レンタルサーバー

レンタルサーバーの準備ができている方が、「サイトを作成する」に進んでください。

スポンサーリンク

サイトを作成する

サイトを作成するには、HTML/CSSを作成するか、WordPressというブログ作成ソフトを利用します。

WordPressは無料で利用できるので、サイトの作成に有料ツールは不要です。

HTML/CSSの場合

HTML/CSSの場合には、コードの意味を理解するところから始まるので、初心者の方には難しいでしょう。

当サイトでは、2カラムのサイトを作成するコードを無料配布しているので、サイト作成の基礎としていただくことも可能です。

HTML/CSS

WordPressの場合

WordPressの場合には、サーバーにインストールするだけでサイトが作成できます。

当サイトもWordPressで運営しています。

プログラミングの知識は不要です。

また、サーバー会社によってはWordPressの簡単インストール機能もあるので、利用してもいいでしょう。

ここでは、WordPressのインストールやプラグインについてまとめました。

なお、WordPressで運営する場合には、セキュリティ対策をしっかりと行い、ハッキングされないようにしておきましょう。

WordPress

おまけ:便利な無料ツールもインストールしておく

サイト作成に便利な無料ツールもあります。

サーバーにFTPS通信を行うFFFTPや、一括変換ツールもあるので、時間のある時にインストールしておいて、使いこなせるようになっておきましょう

便利な無料ツール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする