エックスサーバーでPHPのバージョンを変更する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、エックスサーバーでPHPのバージョンを変更する方法について紹介します。

PHPとは、WordPressをサーバー上で動かしているプログラム言語のことです。

セキュリティ面も考えると、常に最新版、あるいはWordPressの推奨版を利用することが求められています。

WAF等の設定とは違い、即時反映されるので不具合の確認もすぐにできるので助かります。

スポンサーリンク

エックスサーバーでPHPバージョンを変更する方法

まずはWordPress上でご自身の利用しているPHPのバージョンを確認してみましょう。

ダッシュボード画面の下にある、サイトヘルスステータスを確認してください。

そして、「サイトヘルス画面」をクリックしてください。

この画面にPHPのバージョンに関することが書かれていなければ、特に作業は必要ありません。

普段の記事作成作業に戻ってください。

もし、「サイトが古いバージョンのPHP(x.xx.xx)を利用しています。」と表示されていれば、PHPのバージョンを最新版に変更したほうがいいでしょう。

下の画像では7.2.29ですね。

では、エックスサーバーでPHPのバージョンを変更します。

まずはエックスサーバー にアクセスし、ログインしてください。

「ログイン」をクリックし、IDとパスワードを入力し、サーバーパネルにログインします。

ログインできたら、ブログを設置しているサーバーの、「サーバー管理」をクリックしてください。

サーバーパネルの下の方にある、PHP ver.切替をクリックしてください。

PHPのver.切替は、ドメイン単位で行います。

ドメインのリストから、該当のドメインをクリックします。

赤丸で囲んだ部分をクリックしてください。

PHPバージョンのプルダウンメニューから、推奨されているバージョンのPHPを選択して下さい。

今回の場合には、PHP7.3.16です。

「変更」をクリックしてください。

これでPHPのバージョン変更は完了です。

先ほどのWordPressのサイトヘルス画面では、PHPバージョンに関する警告が消えていることが分かります。

試しに「サイトヘルス」画面上部にある「情報」をクリックしてください。

そして、「サーバー」をクリックします。

すると、サーバーの各種情報が表示されます。

この画面で、PHPのバージョンが確認できます。

先ほど設定したPHPのバージョンと同じであれば、作業完了です。

お疲れさまでした。

まとめ

ここまで、エックスサーバーでPHPのバージョンを変更する方法について紹介してきました。

PHPはインターネットに接続されたサーバー上で動くプログラム言語であり、誰でもアクセスできる関係上、セキュリティには十分注意を払う必要があります。

PHPは、脆弱性など、攻撃されうるウィークポイントを発見しては、改善し、修正版が公開されています。

どのレンタルサーバーでも、現在推奨されているバージョンのPHPを利用できる場合が多いので、定期的にチェックして、サーバー側のセキュリティも高めておきましょう。

以上、エックスサーバーでPHPのバージョンを変更する方法について、参考になれば幸いです。