WordPressが使える低価格なレンタルサーバー ロリポップ!とリトルサーバーの比較。

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、WordPressが利用できる低価格なレンタルサーバーの代表として、ロリポップ! リトルサーバー を比較します。

ロリポップ!は私自身が2年間利用したレンタルサーバーで、速度や安定性において全く不満がありませんでした。

一方、リトルサーバーは、比較的新しいレンタルサーバーであり、私がブログ運営を始めた当時はまだ存在しなかったレンタルサーバーです。

最近、リトルサーバーの存在を知って、スペック面で良いなと思い、ロリポップ!との比較記事を書いてみました。

先に結論を書いておくと、

  • WordPressが直感的に設置しやすいのはリトルサーバー
  • 速度的にはリトルサーバーが若干有利
  • 安定性はロリポップ!

と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ロリポップ!の概要

ロリポップ! はGMOペパボ株式会社が運営しているレンタルサーバーです。

ロリポップ!は、私も2年ほど利用していたレンタルサーバーなので、かなりお勧めなレンタルサーバーです。


ロリポップ! (公式サイト)

ロリポップ!のいいところは、

  • 管理画面が分かりやすい
  • メールサポートが迅速
  • 長年のサーバー運営の実績があるから安定感がある

という点です。

価格は一番ベーシックなエコノミープランで月額100円です。

しかし、月額100円のエコノミープランでは、データベースが使えないので、WordPressは運営できません。

よって、月額250円のライトプラン以上を利用することになります。

ロリポップ!の初期費用と月額料金、そしてWordPressを利用できる数を下の表にまとめました。

エコノミープラン ライトプラン スタンダードプラン エンタープライズプラン
初期費用 1500円 1500円 1500円 3000円
月額料金 100円 250円 500円 2000円
WordPressの利用可能数 利用不可 1個 30個 100個

上の表を見るとわかるように、ライトプランとスタンダードプランでは、月額料金が倍になりますが、WordPressの利用できる数は30倍になります。

ロリポップ!を選ぶ上で、コストパフォーマンスで最も優れているのはスタンダードプランであると覚えておきましょう。

なお、エンタープライズプランは価格が高すぎるほか、月額800円で、ロリポップ!の上位サーバーとなるヘテムル があるので、選ぶ意味はないでしょう。

ロリポップ! を選ぶのであれば、スタンダードプランをベースに考えてください。

リトルサーバーの概要

リトルサーバー は株式会社リトルネットワークが運営している新しいレンタルサーバーです。

既存の大手レンタルサーバーと比較して、サービス開始からまだ年数が浅いことから、知名度も低く、レンタルサーバーの安定性が不明な部分もあります。


リトルサーバー (公式サイト)

リトルサーバーには無料お試し期間が20日間用意されており、実際に使ってみました。

そこで感じたリトルサーバーのメリットは、

  • 管理画面が直感的で使いやすい
  • サーバーのセットアップが速い
  • WordPressが簡単にインストールできる

という点です。

リトルサーバーの管理画面は本当に分かりやすいです。

機能がシンプルで、文字も大きく、色分けもされており、今まで見たレンタルサーバーの中では一番分かりやすいデザインです。

特に、WordPressにおいては、他のどのレンタルサーバーよりも簡単にインストールできるといえます。

本当に初心者の方にお勧めです。

また、サーバーのセットアップも速く、お試し期間開始後すぐにサーバーが利用できます。

※ロリポップ!はお試し期間開始後にサーバーセットアップのために10分ほど待たされます。

また、リトルサーバーのプランと、WordPressの設置可能数を見ておきます。

ミニプラン ワードプラン リトルプラン ビッグプラン
初期費用 920円 920円 920円 920円
月額 150円 180円 250円 430円
WordPress利用可能数 3個 5個 10個 50個

リトルサーバーとロリポップ!でWordPressの利用可能数を比較してみれば、ロリポップ! では、月額250円のライトプランで1個、月額500円のスタンダードプランで30個であったことを考えてば、リトルサーバー ではより低価格なプランでもWordPressを利用することができます。

特に、月額150円のミニプランでWordPressを利用できるのはメリットが大きいです。

よって、より低価格にWordPressを運営するなら、リトルサーバー で決まりです。

それなら、ロリポップ!のスタンダードプラン(月額500円)と、リトルサーバーのビッグプラン(月額430円)だったらどっちがいいのかということになりますよね。

ここについては、サーバーの詳細を比較していきましょう。

スポンサーリンク

ロリポップ!とリトルサーバーの仕様の比較

ロリポップ!とリトルサーバーに関して、サーバーの応答速度や安定性に関わる仕様を比較すると、次の表になります。

ロリポップ!
スタンダードプラン
リトルサーバー
ビッグプラン
優れているほう
ウェブサーバー Apache Apache 互角
PHP動作モード モジュール版PHP モジュール版PHP 互角
ストレージ HDD SSD リトルサーバー
転送量 100GB/日 180GB/日 リトルサーバー

ロリポップ!とリトルサーバーをカタログスペックにおいて比較すると、全体的にリトルサーバーの方が優れています。

これらのカタログスペックの意味が何なのかを、次の項で紹介しますね。

ロリポップ!とリトルサーバーのスペックの詳細を比較

ウェブサーバーは両方Apache

ウェブサーバーは、ロリポップ!もリトルサーバーもApacheになります。

Apacheとは、現在主流となっているウェブサーバーなので、ロリポップ!もリトルサーバーも一般的なウェブサーバーということになり、速度面と扱いやすさにおいては十分であるといえます。

なお、ウェブサーバーについて現在主流なのが、

です。

簡単に特徴を書いておけば、

  • Nginxは速度はそこそこで過負荷時の安定性が高いウェブサーバー
  • LiteSpeedはApacheの完全上位互換で高速だけど、キャッシュなどの効きが良く、更新が反映されないなどの問題も生じるので、扱いにくさもあるウェブサーバー

といえます。

いろいろなレンタルサーバーを比較すれば、ウェブサーバーで何を使っているのかを見ることができるので、面白くなりますよ。

PHP動作モードはモジュール版PHP

PHPの動作モードは、ロリポップ!もリトルサーバーもモジュール版PHPとなります。

PHPの動作モードには、CGI版PHPとモジュール版PHPがあります。

砕いた表現でいうならば、

  • CGI版PHP:アクセスがあったときにPHPを起動し、処理が終わると終了する。
  • モジュール版PHP:常にPHPがスタンバイ状態になっていて、処理が終わっても終了しない。

といえます。

よって、モジュール版PHPを利用できるロリポップ!とリトルサーバーは、どちらも高速に応答が可能なレンタルサーバーです。

レンタルサーバーで速さを求めているのでしたら、Apache+モジュール版PHPの組み合わせのレンタルサーバーを基準に探してみてください。

ストレージはリトルサーバーがSSD

ストレージに関しては、ロリポップ!がHDDであるのに対して、リトルサーバーはオールSSDとなります。

これは完全にリトルサーバーが勝っています。

SSDはHDDと比較して、

  • 読み込み速度が36倍速い
  • 書き込み速度が20倍速い

となりますので、根本的に速さが違います。

ストレージで見るのであれば、リトルサーバーの方が優れています。

転送量はリトルサーバーの方が大きい

転送量は、ロリポップ!が100GBに対して、リトルサーバーは180GBです。

転送量とは、サーバーから送信できる1日当たりのデータ量ということができます。

ブログにアクセスがあるたびに、サーバーはデータを送信します。

よって、転送量の大きいほうが、より多くのアクセスに耐えることができるという意味です。

ただし、転送量には落とし穴があって、あくまでもサーバーがダウンしない転送量という意味になります。

サーバーはアクセスが集中すれば当然遅くなります。

極端な言い方をすれば、転送量の制限の範囲内であっても、アクセス集中により著しく速度が低下する可能性もあります。

この点に関しては、同時アクセス数拡張機能を提供しているロリポップ! の方が、サーバーに余裕があるでしょう。

カタログスペックだけでは比較できない、サーバーのシステム面での体力まで考慮するなら、ロリポップ! の方がより多くのアクセスに耐えることができるといえます。

ロリポップ!とリトルサーバーの速度データー

では、実際にロリポップ!とリトルサーバーの速度測定を行ったデーターを掲載します。

実験においては、

  • インストール後なにもアップロードしていないWordPress
  • テーマはWordPress公式のTwentySeventeenで、それ以外のテーマは削除
  • プラグインはすべて削除

です。

速度計測には、Googleが提供している表示速度測定ツールを利用します。

同じ時間に同時に測定をすることで、時間に依存するサーバーの付加の変化についても同じにしています。

なお、サーバーの速度計測に関しては、

  • 同じサーバーに同居している他のユーザーの影響
  • サーバーアクセスのの混雑状況

などにもより、テスト結果は偶然割り振られたサーバーアカウントにより変動があるので参考程度にご覧ください。

ロリポップ!の応答速度(パソコン編)

次に、ロリポップ!のパソコンアクセス時の応答速度を紹介します。

総合得点は99点です。

速度インデックス、つまりブログが完全に表示されるのに0.8秒かかっています。

サーバーの応答速度は350ミリ秒です。

リトルサーバーの応答速度(パソコン編)

まずは、リトルサーバーのパソコンアクセス時の応答速度です。

総合得点は99点です。

速度インデックス、つまりブログが完全に表示されるのに0.8秒かかっています。

サーバー応答速度は210ミリ秒となっています。

ロリポップ!の応答速度(モバイル編)

次に、ロリポップ!のモバイルアクセス時の応答速度を紹介します。

総合得点は97点となっています。

速度インデックス、つまりブログが完全に表示されるのに2.9秒かかっています。

サーバーの応答速度は390ミリ秒となっています。

リトルサーバーの応答速度(モバイル編)

次に、リトルサーバーのモバイルアクセス時の速度を紹介します。

総合得点は98点となっています。

速度インデックス、つまりブログが完全に表示されるのに2.3秒かかっています。

サーバーの応答速度は160ミリ秒となっています。

ロリポップ!とリトルサーバーの速度比較の結果

ロリポップ!とリトルサーバーの速度を比較した結果をまとめると、次の表になります。

測定対象 ロリポップ! リトルサーバー 優れる方
パソコン 総合得点 99点 99点 互角
速度インデックス 0.8秒 0.8秒 互角
サーバーの応答速度 350ミリ秒 210ミリ秒 リトルサーバー
スマートフォン 総合得点 97点 98点 リトルサーバー
速度インデックス 2.9秒 2.3秒 リトルサーバー
サーバーの応答速度 390ミリ秒 160ミリ秒 リトルサーバー

この実際の速度データーを比較すると、サーバーの性能が高いのはリトルサーバーで、回線に余裕があるのはロリポップ!であるといえます。

パソコンの速度データからの考察

まず、パソコンにおいてはロリポップ!とリトルサーバーは同点です。

しかし、内訳を見れば、サーバーの応答速度では、リトルサーバーが勝っています。

これはまさにオールSSDのウェブサーバーのおかげです。

一方、HDDサーバーのロリポップ!は、サーバー性能自体はリトルサーバーよりも劣りますが、サーバーの速度差を回線速度で巻き返した結果、同点になったといえます。

モバイルの速度データからの考察

逆に、モバイルアクセス時には、リトルサーバーが全面的に勝っています。

これは、モバイルアクセス特有の現象であり、どれほどサーバーの回線が速くても、スマートフォンの回線速度は、無線電波で飛ばす以上、ある程度制限されます。

つまり、サーバーの回線速度の優劣が付きにくく、サーバー本体の応答速度の差が明確に出やすいテストだからです。

よって、モバイルの速度データからわかることは、リトルサーバーの方がサーバー性能は高いということです。

ロリポップ!とリトルサーバーの速度比較をまとめると

ロリポップ!とリトルサーバーの速度比較をまとめると、

サーバー性能が速いのはリトルサーバー

余裕があるのはロリポップ!

といえます。

ロリポップ!はSSDとHDDという根本的なネガティブ要因を、回線速度で逆転するほど設計に余裕があります。

サーバー本体の速さを求めるならリトルサーバー 、過負荷時の余力で選ぶならロリポップ! という結果が良くわかります。

まとめ

ここまで、ロリポップ!とリトルサーバーについて比較してきました。

まとめると、

リトルサーバーは新しいサーバーで、完全にロリポップを意識した設計をしています。

一方のロリポップ!は、長く運営されている安心感があります。

ロリポップ!もリトルサーバーも、無料お試し期間があるので、この記事内で行った速度比較を様々なパターンや時間帯で行ってみて、納得のいくレンタルサーバーを契約すればいいでしょう。

以上、ロリポップ!とリトルサーバーの比較について、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★このブログの運営者★

写真
名前:ブリュ
学歴:東京大学 修士課程修了
趣味:車(愛車はレガシィ)
ツイッター@brionac_yu_yake
※フォローはお気軽に。
より詳細な自己紹介はこちら
WordPressなどのトラブルシューティングのご質問は、ツイッターのDMなどで受け付けています。