ヘテムルでWordPressをSSL化して簡単インストールする方法

ヘテムルでWordPressをSSL化して簡単インストールする方法

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、当サイトも利用している高速レンタルサーバーのヘテムルで、WordPressをSSL化して簡単インストールを行う方法を紹介します。

ヘテムルは、オールSSDである他、モジュール版PHPが使える高性能なレンタルサーバーなので、WordPressのようなPHPのカタマリをもいえるシステムを動かすのには最適なレンタルサーバーです。

スポンサーリンク

ドメインのSSL化の設定を行う

ヘテムルのコントロールパネルにログインしたら、右側にあるサイドバーの、「ドメイン設定」をクリックします。

WordPressを設置するドメインを選択し、詳細を見るをクリックします。

設定変更をクリックします。

無料独自SSLを設定するにチェックを入れて、変更するをクリックします。

なお、この画面のように、SSLを設定できませんと表示されている場合には、ドメイン会社の管理画面から、DNS設定を確認してください。

DNSがヘテムルに向いていないと、SSLは設定できません。

ヘテムルのネームサーバーは、次の通りです。

プライマリーネームサーバー dns0.heteml.jp
セカンダリーネームサーバー dns1.heteml.jp

無事に設定変更ができたら、あとはサーバー側でSSL化への設定作業が行われているので、しばらく待ちます。

ヘテムルの場合には結構速く、1分程度で関して完了します。

サーバーがSSL化への設定を行っている間に、WordPressのインストールを行います。

WordPressを簡単インストールする

管理画面のサイドバーにある、簡単インストールをクリックします。

簡単インストールの画面で、WordPressを選択します。

次のような、WordPress簡単インストールの設定画面になります。

各項目を入力していきます。

WordPressをインストールするドメインを選択し、データベースは自動作成を選択してください。

※データベースを手動で作成する場合には、事前にデータベースを作成し、その作成したデータベースを設定してください。

WordPressのユーザー名、WordPresのパスワード、WordPressに設定するメールアドレスを入力します。

WordPressのユーザー名のみ、後からの変更はできないので、慎重に設定してください。

メールアドレスは、WordPressのパスワード再設定の際に利用したり、WordPressの更新情報などが送られてくるメールアドレスです。

ヘテムルで登録したメールアドレス以外でも大丈夫です。

全て入力したら、一番下のインストールをクリックします。

ディレクトリがない場合にはディレクトリ作成のアラートは表示されます。

問題がなければOKをクリックします。

インストールの最終確認があります。

問題がなければOKをクリックします。

完了画面が表示されると、WordPressの簡単インストールが完了しました。

リンクをクリックすると、WOrdPressのログイン画面にジャンプします。

次に、SSL化の設定状況を確認していきます。

スポンサーリンク

SSL化設定作業完了の確認

WordPressのSSL化設定の作業に入る前に、サーバー側でSSL化が完了しているかの確認を行います。

WordPressをインストールするドメインがexample.comの場合、https://example.comでアクセスできるか確認します。

普通にアクセスできれば、次のWordPressでの設定に進みます。

もしも403エラーが返る場合には、まだSSL化の設定作業中です。

httpsでアクセスできるようになるまで、もうしばらく待ってください。

WordPressでの設定

サーバー側でのSSL化設定の完了を確認したら、先ほどのWordPressにログインします。

画面を消してしまった場合には、example.comにインストールした場合、ログインURLは、http://example.com/wp-login.phpがログイン画面です。

簡単インストールの際に設定したユーザー名とパスワードを使ってログインしてください。

WordPress管理画面の「設定」→「一般」と進みます。

ここで、サイトURLとWordPressURLをそれぞれhttpsに書き換えます。

具体的には、次の表のようになります。

変更前 変更後
サイトURL http://example.com/ https://example.com/
WordPressURL http://example.com/ https://example.com/

httpsに変更したら、画面一番下の「設定を保存」をクリックします。

WordPressがhttpからhttpsに変わるため、セッションが切れ、強制的にログアウトになります。

再度WordPressにログインする

自動でhttps化されたログイン画面にリダイレクトされるので、ここでもう一度ログインします。

正常にログイン出来れば、WordPress本体の設定は完了です。

.htaccessを編集してhttpsにリダイレクト

余力があれば、.htaccessに変更を加えます。

WordPressの設定だけでもSSL化はできますが、httpでもアクセスできる状態です。

httpでアクセスして来たユーザーを強制的にhttpsにリダイレクトを行うコードを記述します。

FTP接続を行い、WordPressを簡単インストールしたドメインのルートディレクトリに移動します。

その中に、.htaccessファイルがあるので、ダウンロードしてメモ帳で開きます。

ここで、他のコードは一切削除してはいけません。

.htaccessの一番上に、以下のコードを貼り付けます。

.htaccessをFTPでアップロードして上書きすると、WordPressの完全なSSL化が完了します。

ヘテムルでWordPressをSSL化して簡単インストールする方法のまとめ

ここまで、ヘテムルでWOrdPressをSSL化して簡単インストールする方法を紹介しました。

簡単インストールは初心者向けの機能のように思われがちですが、実際には素晴らしい時短を実現するアイテムでもあります。

WordPress本体は結構なサイズがあり、自宅PCからサーバーにFTP接続でアップロードするのは10分程度の時間を要します。

それに対して、簡単インストールの場合には、データベースの設定まで含めて数秒で完了します。

自動化できる部分は積極的に自動化して、効率の良いサイト運営を行いましょう。

以上、ヘテムルでWordPressをSSL化して簡単インストールする方法の紹介でした。

記事の内容に関してご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係なくても、WordPress等でわからないことがあったらコメントしてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする