エックスサーバーを使っている感想と評価・初期費用と料金プランの例 Nginx採用で高負荷時に安定します!

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、当サイトが利用しているエックスサーバー について紹介します。

エックスサーバーは多くのサイトで高評価を得ており、安定性の高いサーバーとしての評価が高いです。

私自身がエックスサーバーを利用していて感じているエックスサーバーのいいところとダメなところについて、紹介します。

スポンサーリンク

エックスサーバーを3件契約してます

初めに紹介しますが、私自身がエックスサーバーを3件契約しています。

すべてX10という月額900円からの一番低価格なプランです。

よって、エックスサーバーには月額2700円を支払っていることになります。

なんで高額なX20やX30ではなく、X10を複数契約しているのかというと、リスク分散の意味があります。

エックスサーバーはマルチドメイン機能があり、一契約で複数のドメインを運用できます。

しかし、マルチドメイン機能は、一個のドメインがサイバー攻撃に合うと、同じサーバーアカウント内のすべてのドメインが汚染されるという致命的なデメリットがあります。

よって、複数のブログを運営している私の場合、X10プランを複数契約してサーバーアカウントを分離することで、攻撃された際のリスク分散をしています。

これからブログを始めるという方にとっては関係ないことですが、今後ブログが大きくなって、複数個のブログを運営するようになったら、今書いた、サーバーアカウントを分散させるということも、少し思い出してみてくださいね。

エックスサーバーの価格

初めに、エックスサーバーの価格とディスク容量など、WordPressの運営面において重要となることをまとめて紹介しましょう。

エックスサーバーはプランのアップグレード・ダウングレードともに可能なので、最初はX10プランを契約し、利用状況に応じてプラン変更を行うといいです。

X10 X20 X30
初期費用 3000円 3000円 3000円
月額料金 900円~ 1800円~ 3600円~
ディスク容量 200GB 300GB 400GB
データベース数 50個 70個 70個
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
無料お試し期間 10日間 10日間 10日間

簡単に用語の説明です。

初期費用

初期費用の3000円は、初回のみかかる料金であり、次回の更新時には発生しない料金です。

月額料金

月額料金は36か月契約をした場合の価格で、長期契約をしたほうがお得になります。

ディスク容量

ディスク容量は200GBあれば十分ですから、プランにおける差はないと考えて大丈夫です。

データベース数

データベースはWordPressを1個運営するのに、1個のデータベースを消費します。

よって、データベースの数というのは、運営できるWordPressの数と読み替えて何の問題もないです。

例えば、X10プランではデータベースが50個使えるので、50個のWordPressをインストールできます。

マルチドメイン

マルチドメインは、サーバーアカウントに設定できる独自ドメインの数です。

無制限なので、何個設置しても問題ありません。

無料お試し期間

初期費用も月額料金も発生せず、本契約の前に無料で使い心地を確かめる期間です。

一部機能を除いて本契約時と同じ性能のサーバーを利用できます。

気に入らなかったら、無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。

スポンサーリンク

エックスサーバーで初回契約時に支払う費用と料金プラン

ここで、一般的なパターンにおける初回に発生する費用を計算しておきます。

サーバー契約のみの場合の初回費用

サーバー契約のみのシンプルなプランです。

個人用とであれば、サーバー費用のみで問題ありません。

1年契約の場合

  • X10プラン:3,000円+1,000円×12か月=15,000円+税
  • X20プラン:3,000円+2,000円×12か月=27,000円+税
  • X30プラン:3,000円+4,000円×12か月=51,000円+税

2年契約の場合

  • X10プラン:3000円+950円×24か月=25,800円+税
  • X20プラン:3000円+1900円×24か月=48,600円+税
  • X30プラン:3000円+3800円×24か月=94,200円+税

3年契約の場合

  • X10プラン:3000円+900円×36か月=35,400円+税
  • X20プラン:3000円+1800円×36か月=67,800円+税
  • X30プラン:3000円+3600円×36か月=132,600円+税

迷ったら、とりあえずX10プランの1年契約(初回費用15,000円+税)がいいと思います。

3か月契約は短すぎますし、3年契約は他にもっといいレンタルサーバーが登場した時に気軽に移転できなくなります。

オプションSSL利用時

企業用のサイトであれば、オプションSSLを利用することもあると思います。

オプションSSLを利用する場合の初期費用の代表例を計算しました。

初期費用は、下記に示すオプションSSLの価格と、先述のサーバー初回費用の合計金額となります。

SSL証明書1年 SSL証明書2年
CoreSSL 1000円 1800円
SecureCore 9000円 17000円
GeoTrust 14000円 26000円

※価格はすべて税抜きです。

なお、SSL証明書の契約はサーバー契約とは別契約になるので、サーバーの契約年数と同じである必要はありません。

例)サーバーを3年契約し、SSL証明書を1年契約も可

独自IPアドレスオプション利用時の初回費用

エックスサーバーのオプションSSLでは、独自IPアドレスのオプションを利用することができます。

IPアドレスを独自IPアドレスに変更したい場合には以下の費用が発生します。

サーバー代などと合わせると、初回に発生する費用は、サーバー費用+オプションSSL費用+独自IPアドレス利用料となります。

初期費用 利用料金1年 利用料金2年
独自IPアドレス使用料金 8,000円 6,000円 10,000円

※価格はすべて税抜きです。

なお、独自IPアドレスオプションは、オプションSSLを契約していなければ利用できないので注意してください。

エックスサーバーのいいところ

Nginxによる高負荷時の安定性

エックスサーバーのいいところは、なんといっても高負荷時の安定性です。

Nginxを採用していることで、Apacheの弱点であった高負荷時のサーバーダウンを防いでいます。

エックスサーバーであれば、突発的なバズが発生した際のアクセス集中時においても、極端な速度低下やサーバーダウンが起こりにくく、ブログを訪れるユーザーにストレスを与えません。

FastCGIによる高速応答

エックスサーバーはFastCGIというPHP動作モードを採用しています。

FastCGIとは、アクセスがあった際にプロセスを一定時間維持することで、次のアクセスを高速に処理するPHP動作モードのことです。

ある程度アクセスが集中してくると、より高速に処理できるのが、エックスサーバーの強みであり、Nginxの採用と合わせて、サーバーの安定性に重点を置いているレンタルサーバーといえます。

多機能な管理画面

エックスサーバーの管理画面は本当に多機能です。

FTP接続をしなくても、サーバー内のファイルをバックアップできます。

さらには、データベースのバックアップも可能なので、PHPMyAdminに触れたことがない方でも、確実にバックアップが可能です。

おそらく、データベースなどを管理画面上からバックアップして、ローカル環境にダウンロードできるのはエックスサーバーだけだと思います。

エックスサーバーのダメなところ

LiteSpeed系のサーバーより遅い

エックスサーバーはNginx+Apacheという組み合わせのウェブサーバーになっています。

これは、新しいレンタルサーバー会社が採用しているLiteSpeedと比べると、どうしても速度面では遅くなります。

※LiteSpeedを採用しているレンタルサーバーは、MixHost カラフルボックス などがあります。

速度を重視してレンタルサーバーを選んでいる場合には、迷わずLiteSpeedを採用しているレンタルサーバーを選んだほうがいいです。

エックスサーバーの魅力は、速度よりも安定性であるという点については、十分注意してください。

再販ができない

エックスサーバーは再販ができません。

再販とは、第三者にサーバー領域を貸し出すことであり、有料・無料を問いません。

例えば、ブログカウンターを配布するとなると、エックスサーバーでは規約違反となります。

厳密にはエックスサーバーも条件さえ満たせば再販は可能なのですが、ホームページ制作を行っている会社などに限られるので、個人ユーザーでの再販は禁止されていると考えたほうがいいです。

エックスサーバーと比較するべきレンタルサーバー

エックスサーバーと比較するべきレンタルサーバーを紹介します。

Mixhost

Mixhostは、月額料金880円からのLiteSpeedを採用している国内最速のレンタルサーバーです。

LiteSpeed自体も高速なのですが、Mixhostの場合、PHP動作モードとしてLSAPIを採用しています。

PHP動作モードにはいくつか種類があるのですが、速度に関しては、

CGI<FastCGI<モジュール<LSAPI

となり、LSAPIはモジュール版よりも20%高速になります。

また、サーバーマシン本体も、他のレンタルサーバーとは比べ物にならないモンスタースペックとなっています。

よって、速度面で選ぶのであれば実質的にMixhost一択となります。

Mixhostの場合、再販も可能なので、途中でブログカウンターの配布など、ウェブサービスを運営したくなった場合でも対応可能な柔軟性を持っています。

公式サイト MixHost
初期費用 無料
月額料金 880円~
サポート体制 メールサポート
無料お試し期間 10日間

カラフルボックス

カラフルボックスは、月額料金480円からの高速レンタルサーバーです。

Mixhostと同じく、LiteSpeedのウェブサーバーと、LSAPIというPHP動作モードを採用しており、高速応答が期待できます。

また、月額料金が480円とMixhostよりも低価格に設定されているので、Mixhostの月額料金880円が高いと感じるのであれば、カラフルボックスを選んでもいいでしょう。

公式サイト カラフルボックス
初期費用 無料
月額料金 480円~
サポート体制 メール
無料お試し期間 30日間

ロリポップ!

ロリポップ!は、月額100円からの低価格なレンタルサーバーです。

ロリポップ!の価格帯は100円~2000円となっており、中間の月額1000円になる、ハイスピードプランにおいて、LiteSpeedが採用されています。

ロリポップ!に関しては、WordPressを利用できるのが月額250円のプランであり、とりあえず安いプランでブログを運営して、徐々にアップグレードしていくことが可能な点です。

よって、プラン構成として、初心者の方にも十分お勧めできる構成になっています。

公式サイト ロリポップ!
初期費用 1500円
月額料金 100円~
サポート体制 電話・メール
無料お試し期間 10日間

まとめ

ここまで、エックスサーバーについて紹介をしてきました。

公式サイト エックスサーバー
初期費用 3000円
月額料金 900円~
サポート体制 電話・メール
無料お試し期間 10日間

エックスサーバーの魅力について、一言でいうのであれば絶対的な安定性です。

サーバー自体障害が少なく、本当に安定稼働していて、いつでもユーザーにストレスを与えることなくブログを訪問してもらえます。

一方、速度を重視するのであれば、LiteSpeedを採用しているMixHost などのほうが圧倒的に高速です。

速度を重視しているのなら、エックスサーバーは選ばないほうがいいでしょう。

以上、エックスサーバーについて参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★このブログの運営者★

写真
名前:ブリュ
学歴:東京大学 修士課程修了
趣味:車(愛車はレガシィ)
ツイッター@brionac_yu_yake
※フォローはお気軽に。
より詳細な自己紹介はこちら
WordPressなどのトラブルシューティングのご質問は、ツイッターのDMなどで受け付けています。