WordPressが使えるレンタルサーバーの選び方。初心者には無料レンタルサーバーでも十分です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressが使えるレンタルサーバーの選び方。初心者には無料レンタルサーバーでも十分です。

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

ここでは、過去に私自身が利用したことのあるレンタルサーバーについて紹介します。

なお、レンタルサーバーには各社特色があり、何をもっていいと判断するのかが重要です。

この記事は長いので、ひとまず結論だけ書いておくと、

です。

スポンサーリンク

レンタルサーバーの選び方

このページでは、私自身が過去に使用してきた、またはお試し期間などで吟味してきたレンタルサーバーを紹介しています。

その前に、いろんなサーバーやサイトを見すぎて、何を選べばいいのかわからないという方のために、ブリュの公式ブログが推奨するレンタルサーバーの選び方を紹介しておきます。

レンタルサーバーとブログ運営のモチベーション

レンタルサーバーは、価格帯が上がれば上がるほど、性能のいいサーバーになります。

しかし、過度に高額なレンタルサーバーが良いのかというと、それは間違いです。

レンタルサーバーでいう性能とは、

  • 処理速度が速い(ブログが高速に表示される)
  • 同時アクセスに強い(短時間の集中的なアクセスに強い)
  • 転送量が大きい(1日あたりの処理できるPV数が多い)

などがあります。

皆様はレンタルサーバーにどんな性能を求めますか?

  • 何でもいいから、とりあえず自分のブログを運営したい!
  • ある程度本格的にブログを運営したい!
  • 大規模なブログを運営して人気者になりたい!

さらに、ブログ運営の考え方についても、

  • 初めはコストを抑えて、以後ブログの成長とともに高性能なレンタルサーバーに引っ越しする!
  • ブログが成長したときのことも考えて、初めから高性能なレンタルサーバーでブログを運営したい!

等々。

これは単純に考え方の違いであり、どちらが正解とも言えません。

しかし、

  • コストを抑えたいのに高性能で高額なレンタルサーバーを契約する
  • 性能重視なのに我慢して低価格なレンタルサーバーを契約する

こうしたニーズとレンタルサーバーの不一致は、ブログへのモチベーションを大きく低下させる原因になります。

実際、処理速度の速さは大事なのですが、同時アクセス数や転送量の大きさについては、ほぼアクセスのないサイト運営開始初期においてはほとんど意味を成しません。

逆に、画像が多いブログではレンタルサーバーの性能が低いとブログ訪問者にストレスを与え、離脱してしまうかもしれません。

何がいいのかわからない!という場合には、「月額500円前後のレンタルサーバー」を基準に探してみてください。

経験上、月額500円前後のレンタルサーバーであれば、中規模サイトまでは不足なく機能してくれます。

以上のように、レンタルサーバー選びでは過剰に高性能なレンタルサーバーが良いのではなく、

  • ご自身の意向にあったレンタルサーバー

である他、

  • 直感的に使いやすいレンタルサーバー
  • 直感的に気に入ったレンタルサーバー

といったことも重要な指標です。

気に入ったレンタルサーバーを長く利用することが、ブログを継続的に更新するモチベーションになります。

お試し期間を利用する

どのサーバーにも、必ず無料お試し期間があります。

気になったレンタルサーバーに関しては、とりあえず無料お試し期間を利用してください。

特に、共用レンタルサーバーでは、一つのレンタルサーバーを複数人で利用することになります。

その性質上、紙面上でレンタルサーバーの元々の性能を比較することは可能ですが、

  • 1つのサーバーを何人で利用しているのか?
  • 同じサーバー内に巨大なアクセスを誇るユーザーが存在するか?

など、実際に利用してみないとわからないネガティブな要因も多いです。

無料お試し期間では、本契約となった際に今後も使用し続けるレンタルサーバーの枠を使えます。

よって、レンタルサーバーの無料お試し期間とは、今、自分が契約しようとしているアカウント枠に、上記のような、単純なスペック比較ではわからないネガティブ要因がないかを確認するための期間となります。

無料お試し期間で気に入れば、そのまま契約すればいいですし、気に入らなければ、放置すれば自動的に解約されます。

支払情報を入力せずに、無料でお試し期間の間はサーバーを利用できるので、気にせずにどんどん使ったほうが、あとあとの後悔も少ないでしょう。

では、おすすめのレンタルサーバーを紹介していきます。

スタードメインの特典レンタルサーバー(無料でWordPressが利用可能)

スタードメイン で独自ドメインを取得すると、特典として無料のレンタルサーバーが利用できるようになります。

この特典となる無料レンタルサーバーは、WordPressの利用が可能です。

※独自ドメインは年間1000円程度のもので、ブログ運営には必須です。


スタードメイン (公式サイト)

このスタードメイン の無料のレンタルサーバーが、WordPressを利用できるうえに、必要な機能もそろっていて、機能的に見れば有料レンタルサーバーは不要なんじゃないかと思います。

例えば、

  • 無料独自SSL利用可能
  • WordPress運営可能
  • オールSSD

など。

機能的には十分ですが、当然、無料のレンタルサーバーですから、ブログが巨大化してまでずっと利用し続けるのは無理です。

ブログに人気が出て、アクセスが集まるようになるとサーバーが耐えれなくなり、503エラーなど、サーバーダウンにつながります。

しかし、ブログを運営してすぐには、ほぼアクセスがありません。

よって、ブログ運営初期には、スタードメイン でドメインを取得し、その時にもらえる無料のレンタルサーバーを利用すると、最もコストを抑えられますし、ブログの規模的にも十分な性能と言えるでしょう。

ブログを運営すると大変なこともあり、

  • 誰も見に来ないのに記事を書き続けられるか?
  • 時間の合間を見て記事を書き続けられるか?
  • 三日坊主にならないか?
  • ブログのネタは尽きないか?
  • WordPressのトラブルシューティングができるか?

など、多くの方が今後もブログを続けられるのか、そかなりシビアな問題はたくさんあります。

※誰でも簡単に書けるブログですが、誰でも簡単に継続できるわけではありません。

スタードメイン の無料レンタルサーバーであれば、WordPressも利用でき、ドメイン代の年間1000円程度だけでブログを始めることができます。

本当にブログ初心者の方なら、スタードメイン の無料レンタルサーバーが一番最適なんじゃないかと思います。

どこかのサイトで、「本気でブログを始めるなら高額なレンタルサーバーを借りて自分を追い込め」なんて書いているのも見ましたが、これはかなり無責任な発言だと思いますねぇ・・・

ブログ収益化を目的にブログ運営を始める方が多いですが、本当の初めのうちは、ブログ収益でレンタルサーバー代すら回収することが難しい事実を、もっと知るべきだと思います。

有料レンタルサーバーは、ブログ収益が安定化してからでも遅くはないです。

スポンサーリンク

ロリポップ!(月額250円から)

ロリポップ! は、私が約2年間お世話になったレンタルサーバーです。


ロリポップ! (公式サイト)

最初はエコノミープラン(月額100円)、そしてライトプラン(月額250円)、最後はスタンダードプラン(500円)と、ブログの成長とともにグレードアップしていきました。

ロリポップ! でWordPressを利用するのであれば、月額250円からのライトプランを選ぶ必要があります。

自家製のPHPを動かしたいだけなら、月額100円のエコノミープランでもOKです。

ロリポップ! の良いところは、管理画面が非常に使いやすいことです。

直感的に使いやすい管理画面は本当に苦になりません。

当時、そこまでインターネットの知識がなかった私ですが、あれこれ調べながらスムーズにブログを表示させることができました。

また、サーバー性能に関してはモジュール版PHPが利用できます。

PHPの動作モードには、モジュール版とCGI版、そしてFastCGI版があります。

砕いた表現をすれば、CGI版PHPは必要な時にPHPが起動し実行されるのに対し、モジュール版PHPはサーバーの処理といったいかしていることで、常にスタンバイ状態になっている状態といえます。

また、FastCGI版は、連続アクセスの時にモジュール版PHPとなり、アクセスが途絶えるとCGI版PHPとなる動作モードです。

よって、アクセスがあった瞬間から処理が行えるので、PHPを立ち上げる時間が短縮できて、高速応答が可能になります。

なお、今はロリポップ! は利用していません。

ロリポップ! をやめた理由としては、もっと高性能なレンタルサーバーを使いたくなったからです。

GMOペパボでは、ヘテムル という、オールSSDの高速レンタルサーバーがあり、ロリポップ! で十分速かったんだから、ヘテムル であればさらに速いだろうということで、より上位モデルのヘテムル に移動しました。

やはり、ロリポップ! のデメリットは、ストレージがHDDなところなんですよね・・・

スタードメイン の特典レンタルサーバーですら、SSDなのに・・・

ヘテムル(月額800円から)

ヘテムル は、GMOペパボが運営しているレンタルサーバーです。


ヘテムル (公式サイト)

位置づけとしては、ロリポップ! の上位モデルとなっています。

ヘテムル 既存のレンタルサーバーとしては最高性能を誇ります。

PHPの実行環境にはモジュール版PHP、FastCGI版PHP、CGI版PHPがあり、先ほど説明したように、モジュール版PHPはCGI版PHPよりも高速に動作します。

FastCGI版PHPというのは、連続アクセスがあった際にだけモジュール版PHPとして動作し、普段はCGI版PHPとして動作するPHPの動作モードです。

結局、PHPの動作モードで一番速いのはモジュール版PHPなのです。

しかし、モジュール版PHPには弱点があって、セキュリティ面やサーバー管理の面で扱いにくさがあります。

これにより、モジュール版PHPは、サーバー管理者に技術力がなければ、維持管理ができない代物です。

これを嫌って、モジュール版PHPを避けて、CGI版PHPを導入しているレンタルサーバーは多いです。

言い換えるなら、CGI版PHPを採用しているレンタルサーバーは、モジュール版PHPを避けたレンタルサーバーともいえるでしょう。

ヘテムル の場合には。

  • 最速の動作モードであるモジュール版PHP
  • ストレージがオールSSD

という組み合わせなので、同価格帯のレンタルサーバーに対して、速度面においては圧倒的な性能を誇ります。

また、ロリポップ! ゆずりの扱いやすい管理画面であり、誰でも親しめるレンタルサーバーといえます。

ただ、最近503エラーが増えてきているのが気になるんですよね・・・

アクセス数が増えたときにサーバーダウンを起こす、Apacheの弱点が見えてきた気がします。

これを機に、さらなる上位モデルのレンタルサーバーへの移転を検討し始めたのでした・・・

ヘテムル は気に入っていたので長く使いたかったのですが、ブログが成長し、卒業した、ということでしょうか・・・

エックスサーバー(月額900円から)

エックスサーバー は、エックスサーバー株式会社が運営しているレンタルサーバーです。

多くのブログで愛用されており、人気の高いレンタルサーバーです。

ロリポップ! からのサーバー移転の際に、ヘテムル と比較していました。

無料お試し期間で比較した結果、結局使わなかったレンタルサーバーです。


エックスサーバー (公式サイト)

多くのサイトでエックスサーバー は速いと書かれていたのですが、実際に測定してみるとロリポップ! のほうが高速でした。

エックスサーバーよりロリポップ!の方が速かった

で、後からわかったのですが、エックスサーバー はNginxというウェブサーバーを採用しています。

Nginxとは、過負荷時においてもサーバーダウンせずに安定してブログを表示できるウェブサーバーであり、WordPressなどの動的コンテンツの処理に関しては、Apacheのモジュール版PHPの方が高速であるのは当たり前の様です。

そもそも、昔からのウェブサーバーがApacheであり、ApacheのC10K問題を解決するためにNginxが生まれました。

C10K問題とは、

  • C:クライアント
  • 10K:1万人

を意味しており、ある企業のApacheのサーバーのアクセス数が増えていき、このままでは同時アクセス1万人になったときにサーバーがダウンする。

メモリなどをそのままに、1万人の壁を超えることはできないのか?

という問題のことです。

ApacheとNginxそもそも動作が異なっており、

  • Apacheは高速だが過負荷になると極端に遅くなったりサーバーダウンする
  • NginxはApacheよりも速度は追求していないが、過負荷時においても性能が安定している

ことが特徴となります。

したがって、根本的にウェブサーバーの設計として、考え方が異なっています。

なので、エックスサーバー の魅力は速度ではなく、ブログの同時アクセスが増えても安定して表示されることにあります。

当時(今もですが)、ブログの表示速度を最優先にしているので、ヘテムル エックスサーバー を比較して、ヘテムル を選んで正解でした。

エックスサーバー が悪いのではなく、価値観の違いです。

コアサーバー(月額198円から)

コアサーバー は、現在バックアップ用サーバーとして利用しています。


コアサーバー (公式サイト)

コアサーバーの一番安いプランであるCORE-MINIプランを利用しています。

コアサーバーの良いところは、データセンターを東京と大阪で選べるところです。

社会問題として、東京への一極集中ってよく聞きますよね。

実は、レンタルサーバーも同じなのです。

ほとんどのレンタルサーバーが東京に集まっています。

逆に、東京以外にデータセンターを構えているのは、コアサーバー エックスサーバー ぐらいのものです。

また、レンタルサーバー会社にはバックアップ機能があるのですが、東京のサーバーデーターを東京の別のサーバーでバックアップするのが主流です。

これって、東京で大規模災害が発生したときに、サーバー自体が物理的破損をしたら、データーがすべて吹き飛ぶ大惨事になりますよね。

これはまずいということで、コアサーバー の大阪データセンターを契約し、メインサーバーであるヘテムル (東京)のバックアップ用サーバーとして、稼働させています。

コアサーバーの性能ですが、WordPressの表示速度は十分速いです。

しかし、PHP自体はあまり早くないかな・・・というのが正直な感想です。

WordPressのような定型的な作業に特化したレンタルサーバーとなっているのでしょうか。

ただ、本当にバックアップサーバーとして契約しているので、速度はあまり気にしていません。

低価格でありながら、大阪でレンタルサーバーを契約できるというのが、コアサーバー の最大の魅力です。

カラフルボックス(月額480円から)

カラフルボックス は、新世代のLiteSpeed+LSAPIで動作する高速レンタルサーバーです。


カラフルボックス (公式サイト)

LiteSpeedとは、Apacheの完全上位互換となるウェブサーバーであり、Apacheのプログラムコードがそのまま利用でき、Apacheよりも高速で、Apacheよりも過負荷時の安定性が高いウェブサーバーと言われています。

個人的には、Apacheのモジュール版PHPとどちらが速いのかと言われると微妙な気がしているのですが、過負荷時の安定性においてLiteSpeedが優れるのは確かです。

何よりも、レンタルサーバーの転送量が、日にち単位ではなく月単位で決められているので、1日にアクセスが集中してもサーバーダウンしないことになります。

こうしたアクセス集中も見込んで転送量が設定されているので、レンタルサーバー会社の自信の表れではないかと思います。

また、カラフルボックス コアサーバー と同様に、データセンターを東京と大阪で選ぶことができます。

さらに、カラフルボックス では、東京と大阪で選ばなかった方のデータセンターが、バックアップサーバーとして機能します。

これにより、災害に強いレンタルサーバーになっているのが魅力です。

ちょうど、ブログの訪問者数が増えてきたあたりから、ブログを書いていると突然ヘテムル で503エラー(サーバーダウン)の表示が出たりしており、もしかしたら知らないところで機会損失している・・・?と考えるようになりました。

せっかくアクセスしてくれたのに、サーバーダウンなんて、もってのほかです。

そこで、メインサーバーとして、カラフルボックス への移行を検討しています。

お試し期間で利用した感じ、LiteSpeedはApacheよりも確かに速いのですが、その分クセの強いサーバーだなという印象があります。

Apacheよりキャッシュの効きがよく、一部のウェブサービスが正常に機能しませんでした。

よって、キャッシュ無効化の小技を使えば動作するようになったのですが、LiteSpeedは、なかなかクセのあるサーバーです。

キャッシュを無効にする小技

単純にWordPressしか使わないのであれば、カラフルボックス をお勧めしますが、ウェブサービスを運営する場合には、Apacheを採用しているヘテムル の方が、安定して動作させることができるでしょう。

あとは余談ですが、カラフルボックス はアダルトサイトが運営可能なのですが、アダルトサイトは完全別サーバー、完全別IPアドレスに割り振られます。

契約した同一サーバー内に、アダルトサイトが存在しないということも、安心材料の一つですね。

MixHost(月額880円から)

MixHost は、株式会社アズポケットが運営しているレンタルサーバです。

ヘテムル からの移転先として、カラフルボックス と比較しながら検討しました。


MixHost (公式サイト)

性能的には業界でトップを目指しているということで、多くのサイト様で高評価を得ているレンタルサーバーです。

上記のカラフルボックス よりもMixHost の方が、若干優れていると書いている方もいますね。

MixHost は無料お試し期間も利用したのですが、最終的にカラフルボックス を選びました。

理由なのですが、MixHost カラフルボックス と同様、アダルトサイトの運営が可能なのですが、カラフルボックス がアダルトサイトを完全別サーバー・完全別IPアドレスで運営するのに対し、MixHost は一切の制約がありません。

よって、ブログを運営するサーバーで、アダルトサイトと共存する可能性が非常に高いのです。

これって、無視できないデメリットとなりますよ。

そもそも、Googleはアダルトサイトを快くは思っていません。

だって、Google Adsenseを掲載できないジャンルのサイトなのですから。

そうすると、同じサーバー内にアダルトサイトが存在するということは、アダルトサイトと同じIPアドレスでブログを運営することになります。

また、アダルトサイトは性質上、夜間にアクセス数が増します。

また、動画や画像の配信が多いのも特徴です。

つまり、夜間にはサーバーに負荷がかかるので、自分のブログのパフォーマンスが、共存しているアダルトサイトの影響を大きく受ける可能性が高いです。

こうしたリスクを考えると、性能面で大きな差がないのであればカラフルボックス を選んだほうがいいだろうと思います。

ただ、逆に考えると、MixHost は、アダルトサイトと共存しても、性能が落ちないぐらい、サーバー性能に自信があるということの表れかもしれません。

このあたりをどう考えるかは皆さん次第であり、もうMixHost 派かカラフルボックス 派で派閥に分かれそうなぐらいの違いだと思います。

ということで、ブリュの公式ブログとしては、カラフルボックス MixHost のどちらが優れているとは言い切れないですね。

少なくとも、ブリュの公式ブログとしては、カラフルボックス の方がお勧めだよ!という程度にとどめておきます。

まとめ

ここまで、ブリュの公式ブログが今までに利用してきたレンタルサーバーを紹介しました。

最後にまとめますが、

となるでしょう。

ここでピックアップしたのは一例です。

他にもレンタルサーバーはたくさんありますから、よく吟味して、お気に入りのレンタルサーバーを見つけてください。

以上、レンタルサーバーの選び方について、参考になれば幸いです。

ご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係性に関わらず、純粋にわからないこと情報提供各種コメントなど、お気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする