WordPressを手動でインストールする方法

WordPressを手動でインストールする方法

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、WOrdPressを手動でインストールする方法について紹介します。

簡単インストールと違って、手動でインストールすることで、WordPressへの理解も深まるでしょう。

スポンサーリンク

WordPressのインストールの方法

WordPressのインストール方法には、次の2種類があります。

最終結果はどちらも変わりません。

お好みで選んでください

手動インストール

今回説明するのは手動インストールです。

FFFTPを駆使して、手動でインストールを行います。

簡単インストール

簡単インストールは、サーバー側で用意されたシステムを利用してインストールを行います。

サーバー会社によってインストールの方法が異なります。

インストール方法は、各サーバー会社の手順に従ってください。

例として、当サイトではスターサーバーでの簡単インストールの方法を説明しています。

簡単インストールの方法

WordPressの手動インストールの前の確認事項

WordPressの手動インストールを行う前に、3つの確認事項があります。

FFFTPは利用できるか

WordPressの手動インストールでは、FTP接続を行います。

そのためには、フリーソフトのFFFTPを利用します。

FFFTPは暗号化されたFTPS接続を行うことができる高機能なフリーソフトなので、サイトを運営するうえで必ず導入したいソフトです。

FFFTPの導入がまだの方は、FFFTPの導入と使い方をご覧ください。

データベースは作成しているか

サーバー会社でデータベースの作成はお済ですか?

WordPressは、ウェブサーバーとデータベースサーバーが必要です。

WordPressシステム本体はウェブサーバーに保存しますが、記事本文などはデータベースサーバーに保存するので、WordPress設定の際にデータベースサーバーへの紐ずけが必要になります。

データベースの作成ができている場合には、以下の4つの情報を記録してください。

・データベース名

・データベースのユーザー名

・データベースパスワード

・データベースのホスト名(アドレス)

WordPressのユーザー名は決めているか

WOrdPressのインストールの際に、ユーザー名の入力が求められます。

サイト名やパスワードは後から変更が可能ですが、WordPressのユーザー名に関しては、原則として後から変更できません。

今のうちに決めておきましょう。

では、WOrdPressの手動インストールの方法を解説していきます。

スポンサーリンク

WordPressを公式サイトからダウンロード

まずは、WordPress本体を、公式サイトからダウンロードします。

WordPressのダウンロード(公式サイトへ)

必ず最新版のWordPressをダウンロードしてください。

また、Windowsの場合には、zip形式のWordPressをダウンロードします。

ダウンロードには10秒ぐらいかかります。

WordPressは高機能化を行って、定期的にWordPressの更新が行われています。

さらに、WordPressのアップデート時にセキュリティに関する強化も行われているので、WordPressでサイトを運営する際には、必ず最新版のWordPressを利用する必要があります。

※インストール後なら、WordPress管理画面に更新通知が来るので、ボタン一つで最新版へアップデートできます。

っと読んでいる間にダウンロードが完了しましたね!

※画像はGoogle Chrome

WordPressを解凍する

ダウンロードしたWordPressを解凍します。

ダウンロードしたWordPressを、右クリック→展開で解凍します。

解凍には時間がかかります。

解凍が完了すると、自動でWordPressの解凍先が開きます。

wordpressフォルダを開きます。

wordpressフォルダを開くと、wp-content、wp-admin、wp-includesがあることを確認してください。

この画面を開いたまま、FFFTPを起動します。

WordPressをFFFTPでアップロード

FFFTPでサーバーにFTPS接続を行います。

共用サーバーであれば、マルチドメイン機能があるので、WordPressを設置したいドメイン直下を開いてください。

そして、先ほどパソコンで開いた、wp-content、wp-admin、wp-includesがある階層のファイルを、すべてサーバーにアップロードします。

このアップロードは、かなり時間がかかります。

この間はお茶を飲んで休憩します。

WordPressの5分間インストールを行う

WordPressの5分間インストールを行います。

ここでは5分間インストールの手順のみを説明します。

5分間インストールの意味については、WordPressの有名な5分間インストールをご覧ください。

WordPressをアップロードしたサイトにアクセス

WordPressをアップロードしたサイトにアクセスします。

http://exapmle.comにアクセスします。

自動で5分間インストールの画面にリダイレクトされます。

さあ、始めましょう!」をクリックします。

データベースの情報を入力する

データベースの情報を入力してください。

テーブル接頭辞はデフォルトで大丈夫です。

すべて入力すると、「送信」をクリックします。

サイト情報を入力する

データベースの接続確立に成功すると、次の画面になります。

インストールを実行をクリックします。

サイト情報の入力画面になります。

ユーザー名だけは後から変更できないので慎重に入力してください。

すべて入力したら、「WordPressをインストール」をクリックします。

ログインをクリックします。

ログイン画面からログインする

ログイン画面からログインします。

WordPressの管理画面に入れたら成功です。

WordPressのインストール完了

これでWordPressのインストールが完了します。

WordPressは便利なツールですが、同時にサイバー攻撃の危険にも晒されています。

早いうちにセキュリティ設定も行うことをお勧めします。

WordPressのセキュリティは、プラグインと.htaccessによって行います。

WordPressのセキュリティ設定

WordPressを手動でインストールする方法のまとめ

ここまで、WordPressを手動でインストールする方法について説明しました。

WordPressの手動インストールは、正直かなり面倒です。

手動インストールを通して、WordPressの構造を理解したら、次回からはサーバーが用意している簡単インストール機能を利用することで、手間と時間を大幅に削減できます。

以上、WordPressでのサイト運営の参考になれば幸いです。

記事の内容に関してご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係なくても、WordPress等でわからないことがあったらコメントしてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする