エックスサーバーにドメインを設定する方法~SSL化までを解説

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、エックスサーバーにドメインを設定する方法と、SSL化する方法までを紹介します。

ドメインの設定を行い、DNSが浸透すればサイトにアクセスできるようになりますが、ここではひと手間かけてSSL化まで行いましょう。

SSL化することで、WordPressを安全に利用できるようになります。

  • ドメインのネームサーバーをエックスサーバーに向ける
    ※ドメイン登録サービスでの作業。
  • DNSの浸透まで数十分から最大48時間待つ
  • エックスサーバーでドメインの設定&SSLの設定

スポンサーリンク

はじめに

この作業を行うには、

  • エックスサーバーを契約していること
  • 独自ドメインを取得していること

が必要になります。

マニュアル

エックスサーバーの契約がまだの場合、

エックスサーバーの申し込み方法

独自ドメインの取得がまだの場合

ムームードメイン(最も分かりやすい)でドメインを取得する方法

を参考に、作業を進めてください。

独自ドメインをエックスサーバーに向ける

エックスサーバーで作業を行う前に、独自ドメインのネームサーバーを、エックスサーバーに向ける必要があります。

この作業は、ドメインを取得したサービス上で行う必要があります。

具体的には、お手持ちの独自ドメインのネームサーバーを、次の値に変える必要があります。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

上記の表をメモしたうえで、ご自身の利用したドメイン取得サービスにおいて、ネームサーバーをエックスサーバーに向ける作業を行ってください。

参照するマニュアル

・お名前.comの場合:お名前.comのネームサーバー変更方法

・ムームードメインの場合:ムームードメインのネームサーバー変更方法

・スタードメインの場合:スタードメインのネームサーバー変更方法

・バリュードメインの場合:バリュードメインのネームサーバー変更方法

・エックスドメインの場合:エックスドメインのネームサーバー変更方法

作業完了後、DNSが浸透し、次の作業に進めるようになるまで、数時間~最大48時間かかります。

実際のところ、24時間かかることは稀で、数時間程度で完了します。

数10分に一度、ご自身の独自ドメインにアクセスし、サーバーに接続できるようになっているか確認してください。

接続できることを確認したら、次の作業に進んでください。

スポンサーリンク

エックスサーバーで独自ドメインの設定を行う

ドメインのDNSが浸透したら、次にエックスサーバーで独自ドメインの設定を行います。

エックスサーバー にアクセスしてください。

そして、エックスサーバーの管理パネルにログインし、「サーバー管理」をクリックします。

そして、サーバーパネルにおいて、「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン設定の画面で、「ドメイン設定追加」をクリックします。

なお、デフォルトで初期ドメインがありますが、マルチドメイン機能を利用するので基本的に利用しません。

取得している独自ドメインを入力してください。

さらに、「無料独自SSLを利用する」、「Xアクセラレーターを有効にする」にチェックが入っていることを確認してください。

入力内容を確認し、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

無料独自SSLとは、パソコンとサーバー間の通信を暗号化する技術のことです。

Xアクセラレーターとはエックスサーバーが用意しているキャッシュ機能のことで、アクセス集中時の高負荷耐性と高速化を実現する機能です。

確認画面に進んだ時に、何もエラーが表示されていなければ、設定ができます。

そのまま「追加する」ボタンをクリックしてください。

もしも下のように「ネームサーバーの設定について」という注意書きが表示された場合には、DNSの設定がおかしい、あるいは浸透していないことを意味しています。

この場合には、ドメイン取得サービスにおいてネームサーバーを確認の上、もう少し時間がたってから、エックスサーバーへのドメインの登録を再度行ってください。

なお、ネームサーバーの設定は徐々に浸透するため、ご自身のパソコンからアクセス出来ても、エックスサーバー上からはまだ設定が反映されていない可能性は十分あり得ます。

したがって、ネームサーバーの設定値が必ずしも間違っているわけではなく、ある程度は時間が解決する問題であるため、ひたすら待つ以外に方法はありません。

特に問題がなく設定が完了した場合には、次のような画面になります。

これで、

  • エックスサーバーへのドメインの設定
  • 独自ドメインのSSL化

は完了です。

サーバー上のデータと、暗号化された安全な環境で接続ができるようになっています。

次は、WordPressの簡単インストール!

この作業が完了したら、次はいよいよWordPressのインストールを行います。

サーバーを操作するのですが、エックスサーバーでは簡単インストール機能が実装されており、ブラウザ上でWordPressのインストールが完了します。

Next Step

・サーバーへのドメイン設定が完了した方

エックスサーバーでWordPressの簡単インストールを行う方法へ

・48時間経過してもドメイン設定が行えなかった方

→ドメイン取得サービスにてネームサーバーの設定を確認してください。