Xdomain(エックスドメイン)の評判とレビュー、信頼性を評価しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Xdomain(エックスドメイン)の評判とレビュー、信頼性を評価しました。

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、エックスサーバー株式会社の運営するドメイン取得サービスである、Xdomainについて紹介します。

Xdomainはエックスドメインと読みます。

カタカナ表記でも大丈夫みたいですが、英語でXdomainと書くのが正式なようです。

エックスドメイン (公式サイト)

スポンサーリンク

Xdomin(エックスドメイン)の最近の変化

Xdomainは、一時前であれば特にドメインが安いわけでもなく、特別何も特徴のないドメイン取得会社となっていました。

特別何かあるわけでもなく、キャンペーン期間であればエックスサーバー 契約時にXdomainのドメインが1個プレゼントされたり、エックスサーバーと契約をまとめることで、ドメインとレンタルサーバーの管理を一本化できて、サイト運営をン栄が楽になるという程度の物でした。

しかし、ネットオウル株式会社を関係会社としたことで、一気に進化したドメイン取得会社です。

何がすごいって、ドメイン価格が一気に安くなったのです。

状況を整理すると、今までのXdomainは、

  1. ICANN公認レジストラであるスタードメイン(ネットオウル株式会社)が上位レジストラとなり、
  2. ネットオウル株式会社が取得したドメインを販売する

という、ネットオウル株式会社とユーザーとの間の仲介役をしていたことになります。

そのため、ドメイン価格を低価格に設定できない事情がありました。

しかし、ネットオウル株式会社を関係会社とし、関係性を高めることで、事実上のICANN公認レジストラとして、ドメインを取得できる状態となっています。

そのため、スタードメイン と同等の低価格でドメインを販売できるようになりました。

したがって、エックスサーバー を利用している人にしか魅力のなかったXdomainですが、現在ではドメインが低価格になったので、ドメインの取得のみでエックスドメイン を利用する価値が十分に生まれた会社であります。

Xdomain(エックスドメイン)の概要

では、Xdomainの概要について紹介します。

Xdomainは、エックスサーバー株式会社が運営しているドメイン取得サービスです。


エックスドメイン (公式サイト)

エックスサーバー株式会社は、人気のレンタルサーバーであるエックスサーバーなどを運営しています。

インターネットの世界は、GMOグループが最大規模の会社になっていますが、そんな中でGMOグループに属さずに、発展を続けている会社です。

スポンサーリンク

Xdomain(エックスドメイン)のドメイン取得料金

Xdomainの取得料金は、スタードメイン を運営しているネットオウル株式会社を関係会社にすることで、一気に低価格になりました。

代表的なドメインの取得費用、ドメイン更新費用、ドメイン移管費用を紹介します。

ドメイン取得費用 ドメイン更新費用 ドメイン移管費用
.com 780円 1180円 1180円
.net 1180円 1380円 1380円
.org 1380円 1380円 1380円
.jp(ローマ字) 2820円 2820円 2820円
.jp(日本語) 1180円 1180円 1180円
.biz 1480円 1480円 1480円
.info 280円 1480円 1480円
.xyz 30円 1480円 1480円
.co.jp 3760円 3760円 3760円
.click 1480円 1480円 1480円

※2019/8/16時点でのドメイン価格

※最新の価格は、エックスドメイン (公式サイト)をご確認ください。

Xdomain(エックスドメイン)と競合他社のドメイン価格比較

では、Xdomainのドメイン価格は高いのか安いのかについて、競合他社との比較を行います。

なお、ドメインの価格の比較は更新費用で比較するのが良いです。

理由としては、ドメインの取得費用は初年度のみの適用であり、キャンペーン価格によって破格の安さを提供している会社が多いからです。

それに対し、毎年発生するドメイン更新費用は定価販売です。

ドメインの定価が安い会社ほど、長く使うことができる会社となります。

ここでは、

で比較してみます。

Xdomain スタードメイン お名前.com
.com 1180円 1180円 1280円
.net 1380円 1380円 1480円
.org 1380円 1380円 1480円
.jp(ローマ字) 2820円 2360円 2840円
.jp(日本語) 1180円 1180円 1190円
.biz 1480円 1480円 1480円
.info 1480円 1480円 1480円
.xyz 1480円 1480円 1480円
.co.jp 3760円 3680円 5200円
.click 1480円 1480円 1480円

※2019/8/16時点でのドメイン価格

※赤字は最安値

一部ドメインに関してはスタードメイン の方が低価格です。

しかし、主要なドメインである「.com」、「.net」、「.org」のドメインに関しては、スタードメインと同価格です。

基本的にはスタードメイン でドメインを取得することが最もお得となりますが、エックスサーバー を利用する場合に限っては、ドメインとレンタルサーバーの管理を一括化できるメリットがあるので、エックスドメイン を利用するといいでしょう。

エックスサーバー株式会社の信頼度

ドメインはインターネット上の資産になります。

もしもドメインを管理している会社が倒産したら、ドメインが行方不明になる可能性があります。

したがって、ドメインを管理する会社の信頼性は重要です。

ここでは、エックスサーバー株式会社の信頼度について調べました。

エックスサーバー株式会社の創業は2004年

エックスサーバー株式会社の創業は2004年です。

ITの世界で最大手となるGMOグループの会社と同じぐらいなので、インターネットの世界で見れば、それなりに歴史のある会社となります。

公認レジストラのネットオウル株式会社を関連会社に

エックスサーバー株式会社は、公認レジストラのネットオウル株売式会社を関連会社にしました。

ネットオウル自体は十分信頼できる会社ですし、その公認レジストラと関係を持っているエクスサーバー株式会社も、十分信頼できるといえます。

あと、ドメインの登録数も多いので、Xdomainには、ドメイン管理を行うだけの十分な信頼性もあるといえます。

Xdomainと相性のいいレンタルサーバー

Xdomainと相性のいいレンタルサーバーは、エックスサーバーです。


エックスサーバー (公式サイト)

エックスサーバーのX10プランは月額900円から利用できます。

Xdomainとエックスサーバーは、エックスサーバー株式会社のサービスであり、ドメインとレンタルサーバーの契約を一元化すると、ブログの初期設定におけるネームサーバーの設定などの、面倒な作業がワンタッチで行えます。

エックスサーバーの詳細

かつて存在したXdomainでドメインを取得したときの特典

昔はXdomainでドメインを取得した際に、無料レンタルサーバーのスペックアップの特典がありました。

しかし、現在では廃止されていますので、ここで記載している特典内容は現在は存在しません。

無料レンタルサーバーの利用をご検討中なのであれば、スタードメイン にてドメインを取得しましょう。

スタードメインでは、ドメインを取得した際に、

  • 広告表示なし
  • WordPressが利用可能
  • 無料SSLが利用可能

な、実用上十分な、特典の無料レンタルサーバーを利用できます。

ドメインを取得し、レンタルサーバーは別で有料のサーバーを契約する方には関係ないのですが、

  • 独自ドメインは取得するつもりである
  • レンタルサーバーはとりあえず無料のものでいい

という場合には、基本的にはスタードメインでドメインを取得するほうが、総合的に低コストでブログ運営を開始できます。

スタードメインの詳細

▼かつて存在したXdomainの特典▼

Xdomainは、ドメイン取得サービス以外に無料レンタルサーバーを運営しており、誰でも利用することができます。Xdomainの無料レンタルサーバーのスペックは次の表のようになっています。

HTMLサーバー PHPサーバー WPサーバー
月額料金 無料 無料 無料
ディスク容量 1GB 1GB 2GB
PHP 利用不可 利用可能 利用可能
WordPressの設置可能数 無し 5個 5個

専用構造による高速表示

データベース数 無し 5個 5個
データベース容量 無し 50MB 100MB
独自ドメイン設定 10個 10個 5個
サブドメイン設定 50個 50個 記載無し
無料独自SSL 無し 無し 無し
強制広告の表示 無し 有り

(スマートフォンのみ)

有り

(スマートフォンのみ)

これが、Xdomainで独自ドメインを取得すると次のようなスペックになります。

HTMLサーバー PHPサーバー WPサーバー
月額料金 無料 無料 無料
ディスク容量 1GB→10GB 1GB→3GB 2GB→5GB
PHP 利用不可 利用可能 利用可能
WordPressの設置可能数 無し 5個 5個→10個

専用構造による高速表示

データベース数 無し 5個→10個 5個→10個
データベース容量 無し 50MB→100MB 100MB
独自ドメイン設定 10個→20個 10個→20個 5個
サブドメイン設定 50個→100個 50個→100個 記載無し
無料独自SSL 無し 無し 無し
強制広告の表示 無し 有り

(スマートフォンのみ)

有り

(スマートフォンのみ)

このように、Xdomainでドメインを取得すると、スペックが強化された無料レンタルサーバーを借りることができます。

ただし、独自ドメインを取得した場合の無料サーバーであっても、PHPサーバーとWPサーバーでは強制広告が表示されます。

また、ディスク容量が増えたり、独自ドメインの設定可能数が増えたりしても、無料のサーバー自体の処理性能が高くなるわけではありません。

特典の無料レンタルサーバーが目的なら、スタードメインの方がいいでしょう。

スタードメインの場合には、スターサーバーの無料プランが使え、PHPやWordPressが利用可能なほか、強制広告の表示もありません。

スタードメインの詳細

▲かつて存在したXdomainの特典▲

Xdomain(エックスドメイン)のまとめ

ここまで、Xdomainについて紹介してきました。

Xdomainは、スターサーバーを運営するネットオウル株式会社を関係会社化することで、一気にドメイン価格を下げています。

かつては存在感の薄かったドメイン取得会社なのですが、今となってはGMOグループよりも低価格になっています。

基本的に、ドメインは文字列が重要であり、取得する会社によってSEOなどの差はありません。

また、ドメインは早い者勝ちなので、気に入ったドメインの文字列が空いていれば、、先に抑えておきましょう。

気に入れば、エックスドメイン でドメインを取得してください。

なお、ドメインを取得したら、次にレンタルサーバー選びが必要です。

レンタルサーバー選びには、レンタルサーバーの一覧と選び方にまとめましたので、こちらも参考にしてください。

以上、Xdomainでのドメイン取得について、参考になれば幸いです。

ご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係性に関わらず、純粋にわからないこと情報提供各種コメントなど、お気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする