サイト運営に必須のエディタTeraPadのインストールとBOM無しUTF-8(UTF-8N)での保存方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト運営に必須のエディタTeraPadのインストールとBOM無しUTF-8(UTF-8N)での保存方法

こんにちは。

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトは、IT関係について説明しています。

今回は、BOM無しUTF-8とは何かを説明し、サイト運営で必須のテキストエディタであるTeraPadについて、インストール方法を紹介します。

また、文字コードをBOM無しUTF-8で保存する方法についても紹介します。

スポンサーリンク

WordPress運営者の方にもTeraPadは必須ですよ!

初めに書いておきますが、WordPressでサイト運営している方にもTeraPadは必須です。

WordPressは順調に動いていれば、すべてブラウザの管理画面から設定することができますが、不具合が生じたときには直接コードを編集する機会もあります。

また、サイト移転時にwp-config.phpをWindowsのメモ帳で編集するとWordPressに不具合が生じます。

万が一のトラブルシューティングのためにも、TeraPadはインストールしておいてください。

SHIFT_JISとUTF-8

SHIFT_JISやUTF-8などの文字コードは、コンピューター内に文字を保存するときの方式のようなものです。

メモ帳などで文字を打っても、文字がそのままコンピューター内に保存されているわけではありません。

0と1の2進数で表して保存するのですが、その2進数に変換、あるいは2進数を文字にするときの方式を文字コードと言います。

この文字コードは、半角英数だけであれば差はないのですが、日本語を扱う場合には全角で1時になるので、文字コードの重要性が増してきます。

文字コードの解釈を間違えた場合、日本語の部分だけは確実に文字化けします。

文字コードで一番多く使われているのはSHIFT_JISでしょう。

Windowsのメモ帳では、デフォルトでは「ANSI」となっていますが、これはSHIFT_JISのことです。

通常のテキストエディタであれば問題ないのですが、サーバー上で動作するPHPは、SHIFT_JISとの相性が悪いです。

読み込むファイルもすべてUTF-8で保存しなければ文字化けします。

もちろん、PHP内でSHIFT_JISをUTF-8に変換することもできますが、UTF-8では扱えない文字も存在するため文字化けの可能性が残ります。

さらに、文字コード変換の分、サーバーの応答速度も低下します。

基本的に、サーバー上で動作するPHPを、SHIFT_JISで書いても、何もいいことはありません。

スポンサーリンク

BOM無しUTF-8とは

そもそもBOMとは、UTF-8で保存していることを示すためのものです。

コンピューターは、ファイルだけを見てもどのように解読すればいいかわかりません。

そこで、先頭に「BOM」とつけることで、このファイルはUTF-8で保存されていることを明示します。

しかし、先頭に付加したBOMが、PHPにおいては悪影響を与えます。

PHPは、基本的にHTMLファイルなのですが、phpの記号で囲んだ部分でだけサーバー上の処理になります。

具体的には次のようになっています。

ここで、PHPコードの先頭にBOMがあると、そのBOM記号をHTMLと認識してブラウザ上、「&#65279」という文字で出力してしまうのです。

したがって、BOM記号が謎の空白となってサイトのデザインを崩します。

そのため、PHPコードは基本的にBOM無しで保存することが必須です。

このBOM無しのUTF-8の保存は、Windowsのメモ帳では不可能です。

そこで、TeraPadというフリーエディタを使用することが必須となります。

経験上の話

実際、BOMの有無で問題になるのは、外部から読み込んだPHPを動作させる時でした。

例えば、index.phpを実行し、その処理の中でsubcontent.phpを読み込んで動作するとします。

この場合、index.phpはBOM有りでもレイアウトの崩れは置きませんでしたが、subcontent.phpはBOM無しのUTF-8でないと、先ほど紹介した謎の空白が生じました。

CSSもちゃんと設定しているのに空白が消えない時は、BOMを確認してみてください。

TeraPadのダウンロード

やっと本題です。

TeraPadを窓の杜からダウンロードします。

TeraPadのダウンロード(窓の杜に移動します)

余談ですが、フリーソフトは窓の杜やVectorなどからダウンロードしたほうが安心です。

本家サイトとは違い、ウイルスチェックなども行われています。

なお、本系サイトを否定しているわけではありません。

実際に、IrfanViewは、本系サイトがハッキングされた事例もありました。

ハッキングなどを行う悪意を持った人がいる以上、自衛手段として、やはり窓の杜を利用するほうが安心です。

参考:IrfanViewのハッキングの件について

TeraPadのインストール

ダウンロードが完了すると、ダウンロードフォルダに、「tpad109.exe」があります。

ダブルクリックしてインストーラーを起動します。

インストーラーが起動した後は、「次へ」をクリックするだけで大丈夫です。

念のため、順を追って説明しましょう。

インストーラーが起動するとこのような画面になります。

「次へ(N)>」をクリックします。

ライセンスの説明でしょう。

「次へ(N)>」をクリックします。

インストール先のフォルダです。

基本的にはデフォルトのままで大丈夫です。

「次へ(N)>」をクリックします。

最終確認画面です。

「次へ(N)>」をクリックします。

インストールが完了しました。

自動でインストーラーが終了します。

これで、パソコンへのTeraPadのインストールは完了しました。

次に、TeraPadの使い方を説明してきます。

TeraPadの使い方

TeraPadは非常に直感的に分かりやすいテキストエディタです。

Windowsのメモ帳に慣れている方なら特に説明は不要でしょう。

この画面はインストール時に同梱されているReadme.txtの内容です。

TeraPadでBOM無しUTF-8のPHPを保存する方法

次に、BOM無しUTF-8でPHPを保存する方法を説明します。

TeraPadにおいてPHPコードを記述し、保存するときの手順です。

「ファイル」→「文字/改行コード指定保存」をクリックします。

このような画面になります。

文字コードで「UTF-8N」を選択します。

このような画面になります。

改行コードはデフォルトの「CR+LF」で問題ありません。

今後使う改行コードをすべて統一すればいいだけで、どの改行コードを使ってはダメというのは特に決まっていません。

私の場合、すべてのファイルをデフォルトの「CR+LF」で統一しています。

「OK」をクリックすると、Windowのメモ帳と同じような保存画面になります。

「ファイル名」に任意のファイル名を書きます。

「ファイルの種類」で「PHPファイル(*.php)」を選択して保存します。

これで、TeraPadでBOM無しのUTF-8が保存できました!

TeraPadでBOM無しUTF-8を保存する方法のまとめ

ここまで文字コードの意味とTeraPadのダウンロード、インストール方法と使い方について説明してきまとした。

PHPがUTF-8と相性がいい以上、サイトを運営するうえで、TeraPadは必須のテキストエディタです。

Windowsのメモ帳では対応できないBOM無しUTF-8で保存ができます。

フリーソフトなので、サイト運営者の方は必ずインストールしておきましょう。

以上、TeraPadのインストール方法や文字コード、およびBOM無しUTF-8での保存に関して参考になれば幸いです。

ご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係性に関わらず、純粋にわからないこと情報提供各種コメントなど、お気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする