10年以上前から取得されている新元号令和ドメインreiwa.com、reiwa.net、reiwa.jpの所有者は誰?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10年以上前から取得されている新元号令和ドメインreiwa.com、reiwa.net、reiwa.jpの所有者は誰?

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、2019年4月1日に発表された新元号である令和について、関連するドメインのreiwa.com、reiwa.net、reiwa.jpについて、所有者を調べてみました。

新元号の令和発表時には、激しいドメイン取得競争が発生しましたが、reiwa.com、reiwa.net、reiwa.jpについては、10年以上前から取得されているドメインの様です。

そんなラッキーなドメインの所有者を調べてみました。

スポンサーリンク

すでに10年以上前から取得されている令和ドメイン

reiwa.com、reiwa.net、reiwa.jpの令和ドメインについては、10年以上前から取得されているようです。

以下、これらの令和ドメインについて、取得日を調べてみました。

これらのドメインの所有者は、今回の新元号が令和となったことでドメインの価値が急騰し、なんともハッピーな気分になっているでしょう。

reiwa.com

reiwa.comのドメイン取得日は2000年3月29日です。

reiwa.comの令和ドメインは、約19年前に取得されています。

reiwa.net

reiwa.netのドメイン取得日は2001年2月12日です。

reiwa.netの令和ドメインは約18年前に取得されています。

reiwa.jp

reiwa.jpのドメイン取得日は2007年3月2日です。

reiwa.jpの令和ドメインは約12年前に取得されています。

reiwa.comの所有者

reiwa.comを取得しているのはオーストラリアの団体だそうです。

The Real Estate Institute of Western Australia(西オーストラリア州不動産協会)という協会の頭文字で、REIWAとなっています。

この西オーストラリアの不動産協会も、日本の新元号が令和であることを歓迎しているようです。

だって、西オーストラリアの不動産協会の名前が、世界中に知れ渡ることになったのですから、令和の影響は大きいでしょう!

西オーストラリアの令和ドメインを取得している不動産協会のホームページはこちら(reiwa.com)になります!

スポンサーリンク

reiwa.netの所有者

reiwa.netの令和ドメインについては、アクセスしてもまだサイトが設定されていないようでした。

reiwa.netドメインの所有者についてもよくわかっていません。

reiwa.netの令和ドメインを使う気がないのであれば、今後はオークションなどにかけられて、高値で流通するのかもしれません。

reiwa.jpの所有者

reiwa.jpは、株式会社 冷和様が取得しているようです!

自社のドメインが元号になるという、運が良すぎる会社です。

reiwa.jpを所有する株式会社 冷和様は、衛生設備、空調設備、消火設備、換気設備、施工管理、新築、改修、保守メンテナンスを行っている会社の様です!

本社は千葉県船戸市のようですね!

株式会社 冷和 ホームページ

reiwa.jpのドメインの価値は大きく上昇しましたが、ドメインの価値だけにとらわれず、reiwa.jpのドメインとともに、さらなる会社の発展につながるといいですね!

はぁ、そのうち新元号が、「ブリュの公式ブログ」になりませんかねぇ・・・(笑)

10年以上前から取得されている新元号令和ドメインreiwa.com、reiwa.net、reiwa.jpの所有者は誰?のまとめ

ここまで、新元号 令和が発表されたときにすでに取得されていた令和ドメインについて紹介しました。

誰でも取得できる主要ドメインの、.com、.net、.org、.jpのうち、実質的に誰でも取得できるドメインはreiwa.orgだけでした。

恐らく転売目的のドメイン取得の方も多いでしょうが、取得したドメインを、ぜひ大切に育ててあげて欲しいと思います。

以上、10年以上前に取得された令和ドメインである、reiwa.com、reiwa.net、reiwa.jpについて、参考になれば幸いです。

ご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係性に関わらず、純粋にわからないこと情報提供各種コメントなど、お気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする