ロリポップ!でWordPressをSSL化して簡単インストールする方法

ロリポップ!でWordPressをSSL化して簡単インストールする方法

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、ロリポップ!でWordPressをSSL化して簡単インストールする方法について紹介します。

スポンサーリンク

ロリポップ!のライトプライン以上ですか?

初めに、ロリポップ!はライトプラン以上ですか?

エコノミープランでは、データベースを利用できません。

よって、ロリポップ!でWordPressを利用する場合には、ライトプラン以上の契約が必要です。

以下の表は、プランごとのWordPress設置可能数です。

※WordPress1つにつき、データベースを1つ割り振った場合。

エコノミープラン ライトプラン スタンダードプラン エンタープライズプラン
WordPress設置可能数 0個 1個 30個 100個

ドメインに無料独自SSLを設定する

初めに、時間の掛かるドメインへの無料独自SSLの設定から行います。

管理画面トップのサイドバーにある、「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」をクリックします。

WordPressをインストールするドメインを探します。

SSL化が行われていないドメインであれば、下の画像のようになっています。

WordPressをインストールするドメインを選択し、wwwの有る方と無い方を両方ともSSLを設定します。

「独自SSL設定作業中」と表示されれば、サーバー側で独自SSLの設定作業を行っています。

SSL化の設定作業は時間がかかるので、この間にWordPressをインストールします。

スポンサーリンク

WordPressを簡単インストール

サイドバーにある、「サイト作成ツール」→「WordPress簡単インストール」をクリックします。

サイトURLを選択します。

データベースは新規自動作成を選択します。

※自動でデータベースを作成したくない場合には、先にデータベースを手動で作成後、そのデータベースを選択してください。

サイトタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力します。

なお、ユーザー名だけは後から変更できないので、慎重に設定しましょう。

メールアドレスは、WordPressのパスワードのリセットや、更新情報などが送られてくるメールアドレスです。

ロリポップ!で登録したメールアドレスでなくても構いません。

定期的に確認できるメールアドレスを入力しましょう。

入力内容を確認し、問題なければインストールを行います。

入力内容を確認してください。

問題なければ、上書き確認の項目を「承諾する」をチェックして、「インストール」をクリックします。

これで、WordPressのインストールは終了しました。

次に、SSL化に関してWordPressの設定を変更していきます。

画像にある「管理者ページURL」のリンクをクリックして、ログイン画面に行きましょう。

httpsでアクセスできるか確認する

この段階で、https://example.comでサイトにアクセスできるかの確認を行います。

別のタブを開いて、https://example.comでアクセスしてください。

アクセスできれば、SSL化の設定は完了しています。

403エラーとなる場合には、まだ設定作業が終わっていないので、しばらく待ち、アクセスできるようになってから作業を再開します。

WordPressの設定変更

サーバー側でSSL化の対応ができたら、WordPressにログインします。

ログイン画面で、簡単インストールの際に設定したユーザー名とパスワードでログインします。

ログイン出来たら、WordPress管理画面の「設定」→「一般」をクリックします。

「サイトアドレス」と「WordPressアドレス」の項目で、http://example.comとなっている部分を、https://example.comに変更します。

設定の変更が完了したら、画面一番下の「設定を保存」をクリックします。

URLがhttp://から、https://に変更されるので、セッションが切れ、一度強制的にログアウトになります。

再度ログインする

再度SSL化されたログイン画面でログイン出来れば、WordPressのSSL化は完了です。

なお、この状態でもWordPressを安全に運用できますが、http://でアクセスしてきたユーザーを、強制的にSSL化された通信にリダイレクトを行う場合には、FTP接続を行って、.htaccessの書き換えが必要です。

この作業は任意ですが、余力があれば行うほうがいい作業です。

.htaccessの編集を行う

FTP接続を行い、WordPressを簡単インストールしたドメインのルートディレクトリに移動します。

その中に、.htaccessファイルがあるので、ダウンロードしてメモ帳で開きます。

ここで、他のコードは一切削除してはいけません。

.htaccessの一番上に、以下のコードを貼り付けます。

.htaccessをFTPでアップロードして上書きすると、WordPressの完全なSSL化が完了します。

ロリポップ!でWordPressをSSL化して簡単インストールする方法のまとめ

ここまで、ロリポップ!でWordPressをSSL化して簡単インストールするする方法について説明してきました。

やり方さえ覚えてしまえば、WordPressのサイトを最短数分で設置できます。

ロリポップ!に限らず、レンタルサーバー各社ではWordPressの簡単インストール機能を用意しているところが多いので、時短のためにも積極的に利用していきましょう。

以上、ロリポップ!でSSL化してWordPressを簡単インストールする方法について、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする