リトルサーバーで常時SSL化したWordPressを超簡単インストールする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リトルサーバーで常時SSL化したWordPressを超簡単インストールする方法

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、リトルサーバーで、WordPressを超簡単インストールして、SSL化する方法までを紹介します。

なお、この作業には、リトルサーバー への申し込みが必要です。

リトルサーバーでは、無料お試し期間が20日設定されているので、申し込みがまだの方は、先にリトルサーバーへの申し込みを行ってください。

リトルサーバーに申し込む方法

スポンサーリンク

リトルサーバーにログイン!

まずはリトルサーバーにログインします。

下記リンクより、リトルサーバーの公式ページにアクセスし、コントロールパネルへログインしてください。

リトルサーバー (公式サイト)

コントロールパネルにログイン出来たら、早速、WordPressの超簡単インストールを行っていきます。

リトルサーバーに独自ドメインを設定する

独自ドメインを取得している場合には、リトルサーバーに独自ドメインの設定を行います。

★注意事項

SSL化したWordPressの利用には、独自ドメインが必須となっています。

まだ独自ドメインが取得できていない場合には、とりあえずスタードメイン にて取得してください(年間1000円程度)。

なお、とりあえずWordPressを操作してみたいという場合には、独自ドメインは不要です。

その場合には、この項目は読み飛ばして、次項の「リトルサーバーでWordPressを超簡単インストールする方法」まで進んでください。

まずはコントロールパネルの左サイドバーにある、「各種設定」項目の「ドメイン設定」をクリックしてください。

次に、ドメインの登録を行います。

下の画像のように、ドメイン名を入力してください。

パス(表示させるディレクトリ)の項目は空欄で大丈夫です。

ドメインに間違いがなければ、「ドメインを追加する」ボタンを押してしばらく待ってください。

下の画面のように、独自ドメインが追加されていればOKです。

次に、ドメイン会社の方にアクセスし、ネームサーバー設定の変更を行ってください。

具体的には、ネームサーバーを、

ネームサーバー1 ns1.lsv.jp
ネームサーバー2 ns2.lsv.jp

に変更します。

操作方法がわからない場合には、お使いのドメイン会社に応じて、それぞれの記事を参考にしてください。

  • お名前.comでネームサーバーを変更する方法
  • ムームードメインでネームサーバーを変更する方法
  • バリュードメインでネームサーバーを変更する方法
  • スタードメインでネームサーバーを変更する方法
  • エックスドメインでネームサーバーを変更する方法

また、ネームサーバー設定の反映には時間がかかります。

その間に、WordPressの設定を行います。

スポンサーリンク

リトルサーバーでWordPressを超簡単インストールする方法

まずは、コントロールパネルの左のサイドバーにある、「簡単インストール」をクリックしてください。

次に、簡単インストールのメニュー画面が表示されます。

リトルサーバーでWordPressの超簡単インストールを行うには、2段目の黄色いインストールボタンをクリックしてください。

超簡単インストールでは、データベースなどの設定がすべて自動で行われるので、今すぐにでもWordPressの利用ができます。

リトルサーバーのWordPress超簡単インストール画面です。

独自ドメインを取得しており、SSL化したWordPressを利用したい場合には、「インストール先」の項目を、WordPressを利用したいドメインに変更してください。

独自ドメインの取得がまだで、とりあえずWordPressを使ってみたい方は、デフォルトのままで大丈夫です。

  • サイト名:WordPressサイトのタイトルです。
  • ユーザー名:WordPressのログインIDです。
  • パスワード:WordPressのログインパスワードです。
  • メールアドレス:WordPressに設定するメールアドレスです。

を入力します。

なお、空欄でも自動で入力される仕様になっていますが、念のため自分で入力した方が良いでしょう。

すべて入力したら、同意してインストールをクリックしてください。

超簡単インストールの結果が表示されます。

ログインページの項目のURLをクリックしてください。

WordPressのログイン画面になります。

先ほど設定したユーザー名とパスワードを使用して、WordPressにログインしてください。

★WordPressにアクセスできない場合

独自ドメインの設定をしており、WordPressにアクセスできない場合には、ネームサーバー設定の変更が、まだインターネットの世界に反映されていないことが原因です。

ネームサーバーの情報(DNS設定)は世界中でキャッシュされており、インターネットの世界に浸透するのには数時間程度かかります。

WordPressにアクセスできないのは設定ミスではなく、DNSの浸透待ちなので、時間をおいてから再度アクセスしてください。

30分に一回程度、更新ボタンを押していれば、いずれアクセスできるようになります。

ログインに成功すると、WordPressのダッシュボードに入ることができます。

これで、WordPressの設定は完了しました。

SSL化せずにWordPressを利用する場合には、この状態で動作します。

WordPressを常時SSL化したい場合には、以降のSSL化の作業について、手順通りに作業を進めてください。

WordPressをSSL化する方法

次に、WordPressのSSL化を行います。

リトルサーバーのコントロープパネルにおいて、左サイドバーにある「上級者設定」→「Let’s Encrypt」をクリックします。

※Let’s Encryptとは、無料SSLを提供しているサービスのことです。

Let’s Encryptへの申請画面で、先ほどWordPressをインストールしたドメインの「申請」ボタンを押してください。

「Let’s Encryptに申請しますか?」となるので、「はい」をクリックします。

ステータスが「OK」になれば申請完了です。

次に、WordPressのSSL化設定を行います。

WordPressにログインし、ダッシュボードの左サイドバーにある、「設定」→「一般」と進みます。

そして、

  • WordPress アドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

について、「http://」を「https://」に変更してください。

変更したら、画面一番下の変更を保存をクリックします。

この後、再度WordPressのログイン画面になるので、同じユーザー名とパスワードでログインしてください。

そして、URLを見て、

  • https://から始まっている
  • 南京錠のマークがある

の2点が確認できれば、SSL化したWordPressのインストールが完了です。

お疲れさまでした!

リトルサーバーで常時SSL化したWordPressを超簡単インストールする方法のまとめ

ここまで、リトルサーバーで常時SSL化したWordPressを超簡単インストール機能を使って設置する方法について紹介してきました。


リトルサーバー (公式サイト)

WordPressの簡単インストール機能は本当に便利で、素晴らしく時短を実現するアイテムでもあります。

自宅のPCからFFFTPを利用してWordPressをアップロードする場合、アップロードだけで10分ぐらいかかってしまいます。

しかし、レンタルサーバー会社の最適化されたWordPress簡単インストール機能であれば、わずか数秒でWordPressの設定が完了します。

「簡単インストール」と聞くと、なんだか初心者向けのツールのように聞こえますが、実際にはうまく利用すれば時短を実現し、新規サイト立ち上げ時の作業量を大幅に減らしてくれるツールです。

ぜひ、簡単インストール機能は使いこなしたいですね。

以上、リトルサーバーでSSL化したWordPressを簡単インストールする方法について、参考になれば幸いです。

ご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係性に関わらず、純粋にわからないこと情報提供各種コメントなど、お気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする