サーチコンソールのバグ?「インデックス登録リクエストの送信中に問題が発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」と表示される問題

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーチコンソールのバグ?「インデックス登録リクエストの送信中に問題が発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」と表示される問題

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、Googleサーチコンソールで最近発生している「インデックス登録リクエストの送信中に問題が発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」というエラーメッセージについて紹介します。

同じ問題に遭遇している方も多いのではないでしょうか?

一応サイトマップを確認して更新されていれば、インデックス速度は遅いですが、インデックス自体については特に問題はないようです。

スポンサーリンク

久しぶりに更新するとサーチコンソールでエラーが

久しぶりにブログを更新して、サーチコンソールでURL検査→インデックス登録をリクエストとすると、「インデックス登録リクエストの送信中に問題が発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」表示され、送信できない・・・

何度やっても結果は同じで一向に解決しません。

その後エラー画面が出たまま放置していたら知らない間に送信完了になっていました。

一時的なエラーはGoogleではまれに起こることなので特に気にしてはいませんでした。

また1か月ほどして新記事を投稿してサーチコンソールでインデックス登録をリクエストすると同じエラーが・・・

これは根本的に何かあるのだと思い、再度調べてみました。

解決策を調べるにも回数制限と書かれているだけ

Googleの「Search Console ヘルプ」でも同様の質問がありました。

その質問がこちら

質問内容は、

Google Consoleに「インデックス登録リクエストの送信中に問題が発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」というエラーが出ます。

まさに同じ状況です。

回答が、

こんにちは。

URL 検査ツールのインデックス登録は1日の利用回数に制限があるので、上限を超えたリクエストをしているのだと思われます。
サイトマップがありますので、記事の更新の度にインデックス登録をする必要はありません。どうしてもリクエストされたいのであれば、日をおいてからお試しください。

site検索で簡易的に調べたところインデックスされているようです。
カバレッジにてインデックスを確認できますのでご確認ください。

要は回数制限に引っかかってるとのこと。

久しぶりの更新で、回数制限はまず関係ないと思うんですよね。

何しろ当サイトはサイバー攻撃で完全にダウンしておりまして、サイトそのものが停止していました。

トップページが投稿日順に並んでいるので、2019/11/9付近の更新情報を見ていただけるとわかると思います。

トップページ

したがって、回数制限以外に、もっと他の問題があるはずなんですよね・・・

スポンサーリンク

URLがちゃんとGoogleに送信されているかの確認はサイトマップから行ってみよう!

更新した記事がちゃんとGoogleに送信されているのかを確認するために、サイトマップを確認してみました。

すると、最終読み込み日が今日になっています。

※この記事の執筆時が2019/11/9です。

ってことは送信されてるってことですよね。

なんだか不思議な感じはしますが、URL検査ツールは使えていないですが、サイトマップ上から認識されています。

試しにsiteコマンドでGoogle検索をしてもヒットしません。

記事投稿したのは知っているけど、クロールするのは後回しってこと・・・!?

クロールも計画的に行いたいということなのでしょうか・・・

サイトマップが読み込まれていない場合には要注意!

なお、サイトマップで認識されていない場合には、そもそもGoogleに記事更新が伝わっていない可能性があります。

そんな時は、WordPressを利用しているのであれば、Google XML Sitemapプラグインを利用してください。

Google XML Sitemapsプラグインは、記事更新の際に、Google、Yahoo!、Bingに自動でPing送信をして、更新を伝えてくれます。

Google XML Sitemapsは、デフォルトの設定でそのまま使うとインデックスカバレッジのエラーが発生しますので、初期設定をしっかり行ったうえで利用してみてください。

きっとサイトマップがGoogleに認識されるはずです。

Google XML Sitemapsの初期設定方法

プラグインを設定できないほど焦っているか、プラグインを使いたいない主義の場合には、トップページのfeedページを登録してください。

WordPressデフォルトのfeedページは、「トップページ/feed/」です。

例えば、当サイトのトップページは、

https://brionac-yu-yake.net/

ですので、feed/を付け加えて、

https://brionac-yu-yake.net/feed/

がWordPressのデフォルトのフィードページであり、最新記事が10件Googleに送信できます。

スパムを嫌ってこれからはサイトマップの時代になるのかな?

このURL検査ツールのエラーが一時的なものであればいいのですが、今後も続くようであれば、実質的にGoogleはURL検査ツールを機能させていないことになるでしょう。

現在は新しいサーチコンソールになっていて、URL検査ツールは以前のバージョンではFetch as Googleとなっていました。

新サーチコンソールになった際に、Fetch as GoogleはURL検査ツールとなった理由として、スパム対策もその理由の一つだったようです。

現状において改めて考えてみると、URL検査ツールのリリースから時間もたっており、もしかしたらクローラーの性能が進化して、ウェブマスターからのURL検査ツールによる送信がなくても、新記事の取得が可能になっているのかもしれません。

URL検査ツールからは参考程度とし、サイトマップをもとにクロールをしたほうが、Google的にも効率はいいでしょうからね。

今後のGoogleへの記事送信は、サイトマップが主流になっていくのでしょうか・・・

こればかりはGoogleしかわからないことですが、可能性の一つとしてはあり得るでしょう。

まとめ

ここまで、サーチコンソールのURL検査ツールで、「インデックス登録リクエストの送信中に問題が発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」と表示される問題について紹介してきました。

一応、記事の送信という意味では、サイトマップが読み込まれていれば大丈夫です。

ただ、やはりサイトマップ経由だとインデックスの速度が遅いので、URL検査ツールにはちゃんと機能してもらいたいのですが・・・

今後近いうちにGoogleの大規模アップデートがあるのかもしれませんね。

以上、サーチコンソールのエラーについて、参考になれば幸いです。

ご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係性に関わらず、純粋にわからないこと情報提供各種コメントなど、お気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする