複数行対応の一括文字列変換無料ソフトDevasのダウンロードと使い方について

複数行対応の一括文字列変換無料ソフトDevasのダウンロードと使い方について

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、複数行の一括返還を可能にする無料ソフトのDevasについて紹介します!

サイトの常時SSL化などで非常に便利なソフトです!

スポンサーリンク

WordPressの場合にはSerch Regexを使いましょう。

この記事は静的htmlサイト運営者向けの記事です。

WordPressの場合には、サーバー上で一括変換を行う便利なプラグイン「Search Regex」があります。

WordPressの場合、記事はデータベースに格納されているため、ローカル環境では一括変換ができません。

Search Regexを使って一括変換しましょう。

Search Regexの詳細は、次の記事をご覧ください。

WordPressプラグイン Search Regexの使い方

Devasのダウンロード

まずはDevasをダウンロードするところから始めます。

下のリンクからダウンロードしてください。

窓の杜のダウンロードページにジャンプします。

Devasのダウンロード(窓の杜)

スポンサーリンク

Devasを解凍

次にDevasを解凍します。

ダウンロードフォルダに、「Devas35b.zip」があることを確認してください。

「Devas35b.zip」を右クリックして、「すべて展開」をクリックします。

展開すると、ダウンロードフォルダの中に「Devas35b」があります。

「Devas35b」を開くと、「Devas.exe」があるので、クリックしてください。

Devasの使い方

ここからは、Devasの使い方について説明します。

Devas.exeを起動すると、次のような画面になります。

赤丸の部分をクリックすると、検索対象フォルダを移動できます。

緑丸の部分は検索対象ファイルの拡張子です。

サイト運営者の方であれば、.txt、.htm、.htmlで十分でしょう。

青丸の部分は複数行検索です。

複数行の検索を行いたいときにクリックしてください。

複数行入力の画面は次のようなものです。

入力したら、「×」をクリックして先ほどの画面に戻ります。

検索対象文字列を入力し終わったら、「検索」をクリックします。

検索結果が表示されました。

ヒットしたものがあれば、この画面に一覧で表示されます。

置き換えたい文字列を緑丸の部分に入力します

最後に「置換」をクリックします。

これで、複数行の文字列の一括変換ができました。

サイトの常時SSL化に便利

Devasが力を発揮するのが、サイトの常時SSL化の時です。

常時SSL化を行うには、サイト内の内部リンクをすべて「http://~」から「https://~」に書き換える必要があります。

その時に、一つ一つ手作業で行っていては時間の無駄ですし、ミスも発生するでしょう。

devasならワンタッチで一括変換できるので、サイト運営を楽にしてくれる便利な無料ツールです。

Devasの利用前には必ずバックアップを取っておきましょう!

Devasのまとめ

ここまで、文字列一括変換ソフトのDevasについて紹介してきました。

サイト運営の強力な味方になります。

静的htmlサイトを運営しているなら、必ず導入しておきたい無料ソフトですね。

以上、サイト運営の参考になれば幸いです。

記事の内容に関してご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係なくても、WordPress等でわからないことがあったらコメントしてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする