Officeのインストールに失敗したときの対処方法【Officeのインストールを開始できませんでした。エラーコード:0-1018-(0)】

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、Officeのインストールに失敗した時の対処方法について紹介します。

この対処方法は、「Officeのインストールを開始できませんでした。エラーコード:0-1018-(0)」という場合に有効です。

Officeのインストールが途中で停止し、再度インストールをやり直したときに生じるエラーであり、Officeがインストールされていないのに、システム的にはインストールされているようなややこしい状態です。

インストールが正常終了していないので、アンインストールツールも利用できないのが痛い点ですね。

スポンサーリンク

Officeのインストールが停止する場合

Officeのインストールに失敗し、パソコンの強制再起動など、不完全なインストールの状態で停止した場合に再度インストールを再開すると、以下のようなエラーが発生する場合があります。

メッセージには、「別のインストールが進行中です。」とありますが、実際には停止前のインストールが途中でエラー終了し、進行中のフラグだけを残して終了しているだけなので、完全にインストール失敗という状態になります。

さて、初めに、Officeのインストールが停止する場合を紹介しておきます。

Officeのインストールが停止するのは、時間がかかりすぎるのが一般的なようです。

  • パソコンがビジー状態である
  • ネット回線が遅い

これらの原因が特定できていない場合、サポートツールにてインストール可能な状態になっても、再びインストールに失敗する可能性も否定できません。

先に心当たりのある要因を取り除いておいてください。

例えば、

パソコンがビジー状態である場合には、

  • バックグラウンドのタスクを終了させる。
  • しばらく待つ

が考えられますし、ネット回線が遅い場合には、

  • ネット環境を改善する(出先ではなく自宅に帰ってからインストールを行うなど)
  • オフラインインストールを利用する

などが考えられます。

今回、私はホテルのネット回線を使ってノートパソコンにOfficeをインストールする際に、回線が遅く、フリーズしました。

その後パソコンを再起動後再インストールを試したところ、エラーが表示されたので、その対処方法を紹介します。

この状態は非常にややこしく、システム的にはOfficeがインストールされているにも関わらず、Officeが利用できないことです。

つまり、インストールそのものが正常終了しておらず、アンインストールも実行できない状態です。

よく再インストールを行う手順である、Windowsのアプリと機能からのアンインストールも不可能です(アプリのリストに載ってこない)。

よって、Microsoftの提供しているサポートツールを利用することになります。

Microsoftのサポートツールをダウンロードする

Microsoftの公式サポートサイトにアクセス

Microsoftの公式サポートにアクセスします。

Microsoftの公式サポート

「PCからOfficeをアンインストールする」というタイトルのページに移動できると思います。

オプション2の項目に移動

スクロールして、「オプション 2 – アンインストール サポート ツールを使用して Office を完全にアンインストールする」の項目に進みます。

「下のボタンをクリックして Office のアンインストール サポート ツールをダウンロードしてインストールします。」の下にある「ダウンロード」ボタンをクリックして、ダウンロードしてください。

ダウンロードが完了したら、マイクロソフトのサポートページは閉じても大丈夫です。

スポンサーリンク

Microsoftのサポートツールの使い方

ここから、インストールからOfficeのアンインストールまでが一体となった使い方となります。

インストール手順

ダウンロードしたファイル(SetupProd_OffScrub.exe)をクリックしてください。

※ファイル名はバージョンによって多少異なる可能性もあります。

セキュリティの警告が出ますが、インストールするをクリックしてください。

Microsoftの公式サイトから直接ダウンロードしたツールなので安全です。

念のため、公開元がMicrosoft Corporationであることを確認しておくといいでしょう。

インストールが開始されるので待ちます。

利用規約が表示されます。

念のために目を通しておいてから、「同意する」をクリックしてください。

またインストールが再開されるので待ちます。

この後、自動でトラブルシューティングの画面に移動します。

使い方

インストールした後、自動でトラブルシューティングが開始されるので待ちます。

Office製品は見つかりませんでした。と表示されます。

おそらく、正常にインストールされているOffice製品が存在しないという意味だと思います。

気にせず、そのまま、「次へ」をクリックしてください。

Officeを完全にアンインストールされました。となります。

これで、不完全なインストールから断片的にインストールされていたOfficeが完全に削除されたことになります。

問題は解決しましたか?というアンケート画面になります。

フィードバックを送りたいなら、アンケートに回答してください。

回答しない場合は、「×」で画面を閉じても大丈夫です。

これで、パソコンからは、Officeが完全にアンインストールされました。

最終処理が行われる

マイクロソフトサポートツールを閉じた後、最終処理が行われるようです。

この間は、他の作業はしないほうがいいでしょう。

シャットダウン・再起動も厳禁です。

やはり強力なツールにはある程度のリスクもありますから、この辺りは慎重に進めてくださいね。

再度Officeをインストールする

再度Officeのインストールを再開します。

正常にインストールが進む場合には、下のような画面になります。

これで一安心です。

先ほどと同じ状態でインストールをすると、再度停止する可能性があります。

パソコンがビジー状態であるならば、

  • バックグラウンドのタスクを停止する
  • 少し時間を置く

等の対処を行ってください。

オンライン版のインストールを行う場合、

  • オフライン版のインストーラーをダウンロードする
  • ネット環境の改善を行う

などの対処を行ってください。

まとめ

ここまで、Officeのインストールに失敗し、Officeのインストールを開始できませんでした。エラーコード:0-1018-(0)となった場合の対処方法について紹介してきました。

パソコンにおいて、WindowsとOfficeは、パソコンの初心者の方まで使いツールです。

身の回りにあふれているツールのHow to記事として、参考にしてください。

以上、Officeのインストールについて、参考になれば幸いです。