【SSL通信】HTTP/2って何がすごいの?実はSSL化すると表示速度が高速です

【SSL通信】HTTP/2って何がすごいの?実はSSL化すると表示速度が高速です

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、HTTP/2について解説します。

HTTP/2は、SSL通信を行っているサイトのみで使える規格です。

スポンサーリンク

SSL通信って何?

SSL通信とは、暗号化通信のことです。

現在お使いのパソコンとサーバー間の通信が暗号化されます。

それに対し、HTTP通信とは、内容を平文(そのままの状態)で送受信するものになります。

インターネット上で、もしも悪意を持っている人がいた場合、HTTP通信の場合には、簡単に書き換えができます。

この時に、悪意あるコードを埋め込まれた場合、サイト閲覧者に対して被害が発生します。

例えば、ウイルスダウンロードサイトにリダイレクトしたり、詐欺サイトにリダイレクトしたり、他にはクレジットカードの情報を盗み見たり・・・

考えるだけで恐ろしいですよね。

しかし、SSL通信を行うことで通信を暗号化できます。

つまり、クレジットカード情報の盗み見については、暗号解読できなければ、意味不明な情報しか手に入らなくなるので、セキュリティにおいて最強であることがわかりますね!

そして、この暗号解読は難しいので、「盗み見」に対するセキュリティは最強というわけです。

また、悪意を持ったコードを埋め込むなどの「改ざん」に対しては、SSL通信ではデーターの完全性が保証されていて、もしも間に悪意を持った人がいて何かしらの操作を行っても、ブラウザ側ではサーバーが送信した内容と違うことが判明します。

故意、悪意に限らず、データーの破損あるいは改ざんは確実に検知できるので、インターネット上でのセキュリティは強いというわけです。

★参考

HTTPの平文通信

SSL化暗号化通信

SSL化についての詳細期は、SSL通信って何?をご覧ください。

SSL通信は遅い?

今まで、SSL通信は遅いといわれていました。

サーバー側で暗号化処理をし、送信する。

パソコンでは暗号を解析し、もとのデーターに戻してブラウザに表示する。

これでは、作業量が増えてしまうので「SSL通信は遅い」といわれてきました。

しかし、時代は変わったわけです・・・!

スポンサーリンク

HTTP/1とHTTP/2の違い

HTTP/1とHTTP/2の違いについて説明します。

HTTP/1は、従来の通信法です。

イメージ図を示します。

簡単に言えば、一つ一つを丁寧に送受信するといった感じでしょう。

画像も1枚1枚通信を行います。

そして、新世代のHTTP/2の通信は次のようになっています。

つまり、複数のリクエストに対して、一気に送信できるのです。

これにより、たとえ暗号化および暗号解析で時間がかかったとしても、送受信時間を短縮できるので高速になります。

このHTTP/2は、SSL通信しかサポートしなくなりました。

つまり、HTTP通信でHTTP/1を利用するよりも、SSL通信でHTTP/2を利用したほうが高速なのです!

なんでHTTPではHTTP/2をサポートしないのか?

ここまでの話を見れば、HTTP通信でHTTP/2を行えば高速なんじゃないのか?

と考える方もいるでしょう。

しかし、世界的にはインターネット上のすべての通信をSSL化する方針があります。

したがって、HTTP/2を利用させるために、強制的にSSL化させたい狙いがあるでしょう。

また、世界中の通信がSSL通信になれば、ネット上における情報の盗聴などを限りなくゼロにできるため、個人のプライバシーを守ることができるメリットもあります。

世界的にSSL化の動きがあるので、それに従わなければならない側面もありますし、十分合理的な方策だっと思うので、当サイトでもSSL通信を実施しています。

もちろん、HTTP/2で通信しています。

今はSSLは無料で使える!

今は、独自ドメインさえ取得していれば、無料でSSL通信を行うことができます。

当サイトも、無料のSSL証明書である、「Let’s Encrypt」を利用しています。

ブラウザで有名な「FireFox」を提供している「Mozila」等が創立した無料SSLです。

ロリポップ!では自動で設定してくれるので非常に便利です。

ここで、「無料のSSLって安全性でも落ちるんじゃ・・・」と感じるでしょう。

そんな心配は全くありません。

SSL通信に対しては、SSL証明書があります。

このSSL証明書は有料のものから無料のものまでありますが、セキュリティについて差はありません。

有料のものは、運営者の信頼性を確保するためのものであって、「ちゃんとした人が運営しているサイトですよ~」という意味のものです。

要は、「現実世界において実在する組織あるいは人ですよ」という意味です。

それに対し、無料のSSL証明書はドメインに対して行われるものであり、簡単に言えば、「通信を暗号化する」こと以外に意味はありません。

しかし、もしも起業してホームページを持つ場合には、信頼性獲得のために有料のSSL証明書が必要ですが、当サイトのように単なる情報発信サイトであれば、無料のSSL証明書で十分です。

もともとSSLは通信を暗号化して安全な通信環境を提供するものです。

その役目は十分に達しています。

もう一度書きますが、有料のSSL証明書と無料のSSL証明書では、セキュリティ上において全く差はありません。

まとめ

ここまで、HTTP/1とHTTP/2の違いについて説明してきました。

HTTP/2は高速ですが、SSL化していないと利用できない規格です。

サイト運営の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする