遊戯王デュエルリンクス チェーンとスペルスピードについて

遊戯王デュエルリンクス チェーンとスペルスピードについて

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、遊戯王デュエルリンクスのチェーンとスペルスピードについて説明します。

チェーンを行うには、スペルスピードの速いカードが必要です。

スポンサーリンク

チェーンとは?

チェーンとは、相手のカードの発動に対して重ねてカードを発動することです。

チェーンを行う目的は、相手のカード効果の妨害がメインとなります。

チェーンの逆順処理

チェーンを行うと、逆順処理によって処理します。

カードの発動が遅いものから順に処理されていき、一番最後に最初のカードを処理します。

カードがA→B→Cの順で発動した場合、処理順はC→B→Aになります。

スポンサーリンク

スペルスピード

チェーンに関しては、スペルスピードが重要になります。

スペルスピードのより強いカードなければチェーンできません。

スペルスピード1

スペルスピード1のカードは、チェーン発動できません。

速攻魔法以外のすべての魔法カードはスペルスピード1です。

通常魔法、儀式魔法、永続魔法もスペルスピード1です。

スペルスピード1の儀式魔法にチェーンして、スペルスピード1の儀式魔法の発動はできません。

その他、モンスター効果の大半はスペルスピード1です。

例えば、モンスター効果のうち、自分のメインフェイズでしか発動できない効果や、召喚、特殊召喚時に発動する効果もスペルスピード1になります。

このスペルスピード1のカードは、相手の行動を妨害するためではなく、自分が行いたいことを実行するためのカード効果となります。

このカードの発動に対して、相手はスペルスピード2以上のカードで妨害します。

スペルスピード2

スペルスピード2のカードは、スペルスピード1またはスペルスピード2のカードに対して発動可能です。

また、スペルスピード2のカードに対してチェーン発動できるのは、スペルスピード2とスペルスピード3のカードのみです。

通常罠、速攻魔法がスペルスピード2です。

速攻魔法には、以下のマークがあります。

速攻魔法の例としては、終焉の焔があります。

その他、モンスター効果のうち、誘発即時効果のみがスペルスピード2になっています。

誘発即時効果とは、モンスター効果でありながら、相手ターンにも発動できる効果のことです。

誘発即時効果の例として、白き霊龍を見てみましょう。

白き霊龍のテキストを抜粋します。

効果モンスター

星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2000

このカードはルール上「ブルーアイズ」カードとしても扱う。

(1):このカードは手札・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。

(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

(3):相手フィールドにモンスターが存在する場合、このカードをリリースして発動できる。手札から「青眼の白龍」1体を特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

白き霊龍の3番目の効果である、自身をリリースして青眼の白龍を特殊召喚する効果は、誘発即時効果になります。

スペルスピード2のカードの特徴は、カウンター罠以外相手ターンで発動できる効果は全てスペルスピード2になります。

スペルスピード3

スペルスピード3のカードは、スペルスピード1、2、3と、すべてのカードの発動に対してチェーン発動できます。

また、スペルスピード3のカードの発動にチェーンできるのはスペルスピード3のカードのみです。

スペルスピード3のカードはカウンター罠のみです。

カウンター罠のマークは下の画像のものです。

カウンター罠はチェーン発動における最上級ランクのカードです。

カウンター罠の発動に対しては、カウンター罠でしか妨害できません。

カウンター罠の代表的なカードは、マジック・ジャマ―です。

マジック・ジャマ―を発動されたら、盗賊の七つ道具のようなカウンター罠でしかチェーンできません。

遊戯王デュエルリンクス チェーンとスペルスピードのまとめ

ここまで、遊戯王デュエルリンクス チェーンとスペルスピードについて解説してきました。

チェーンは逆順処理を行うことと、チェーン発動するうえでスペルスピードの速さが重要であること。

スペルスピードは3段階ああり、カウンター罠が一番速いこと。

これらがわかれば、遊戯王デュエルリンクスのチェーンの仕組みがわかります。

以上、遊戯王デュエルリンクスについて、参考になれば幸いです。

記事の内容に関してご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係なくても、WordPress等でわからないことがあったらコメントしてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする