一括変換WordPressプラグイン Search Regexのインストールと使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一括変換WordPressプラグイン Search Regexのインストールと使い方

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、WordPressプラウインの中でも、サイト運営を快適にしてくれるSearch Regexについて紹介します!

スポンサーリンク

Serarch Regexとは?

Search Regexは、WordPressの記事の特定文字列を一括変換してくれるプラグインです。

URLの変更時や、特定のワードでのタイプミスなどが生じた場合に、サイト内を検索し、すべて新しい文字列に変換してくれます。

WordPressの管理を楽にするプラグインの中でも、特に強力な部類に入るといえます。

Search Regexのインストール方法

WordPressの管理画面で、「プラグイン」→「新規追加」と進みます。

WordPressのプラグインの検索画面になりますので、検索窓に、「Search Regex」と入力してください。

Search Regexが検索結果に表示されるので、今すぐインストールをクリックします。

Search Regexのインストールが終了したら、そのまま有効化をクリックします。

以下の表示が出ればOKです。

これで、Search Regexのインストールは終了です。

スポンサーリンク

Search Regexの使い方

Search Regexを有効化すると、WordPress管理画面のサイドメニューの「ツール」の中に、「Search Regex」が現れるのでクリックしてください。

Source」が「Post content」になっていることを確認してください。

これで、固定ページと投稿ページ内のすべての記事が検索対象になります。

※デフォルトでPost contentになっているはずです。

「Search pattern」に検索する文字列を記入してください。

日本語でも大丈夫です。

ここでは例として、「個の文字列を置き換えます。」という文字列を置き換えてみます。

そして、Search>>をクリックします。

すると、投稿ページと固定ページの中の、探したい文字列の検索結果が一覧で表示されます。

次に、「Replace pattern」に置き換える文字列を入力してください。

今回は例として、「置換できたよ!」という文字列に置き換えてみます。

そして、Replace>>をクリックすると、検索結果を新しい文字列で置き換えたときの状態が表示されます。

問題がなければ、Replace & Save>>をクリックします。

すると、文字列が一括で置換され、保存されます。

Search Regexの使い方はこれだけです。

Search Regexの注意点

Search Regexは便利で強力なプラグインですが、使い方を間違えると復元できないプラグインです。

そのため、Search regexを使う前には、必ずデータベースのバックアップを行ってください。

データベースのバックアップを行っておけば、万が一使い方を間違えても復旧が可能です。

データベースのバックアップの方法は、次の記事をご覧ください。

→WordPressのデータベースのバックアップ方法

Search Regexは常時SSL化で真価を発揮

Search Regexは、サイトの常時SSL化の際に真価を発揮します。

記事内のhttpをhttpsに一括変換

常時SSL化を行う際には、サイト内のすべての内部リンク(自分のサイト内部へのリンク。同一ドメイン内のリンクをすべて内部リンクといいます。)をhttpsに変更する必要が出てきます。

この時に、Searxh Regexを用いて、「http://example.com」を検索し、「https://example.com」に書き換えを行えば、一発で常時SSL化への対応が可能になります。

プロトコル相対URLがおすすめ

なお、常時SSL化を行う場合には、内部リンクはすべてプロトコル相対URLに変換することをお勧めします。

プロトコル相対URLは、http:やhttps:を省略し、「//example.com」と記述します。

このプロトコル相対URLは、現在のプロトコルを補完してURLを認識します。

「//exapmle.com」と記述しておけば、現在見ているサイトがhttpのサイトであれば「http://example.com」と認識するし、httpsのサイトであれば「https://example.com」と認識します。

この方が、作業中にSSL化に失敗した場合であっても、不具合が起こる可能性が低くて安全です。

なお、外部リンクには使用しないでください。

あなたのサイトがSSL化されていて、外部のサイトがSSL化されていない場合、証明書に関するセキュリティ警告が表示され、驚いたユーザーはサイトを離脱してしまいます。

プロトコル相対URLの使用は、内部リンクだけにしてください。

WordPressプラグイン Search Regexのまとめ

ここまで、WordPressプラグインであるSearch Regexについて紹介してきました。

WordPressの管理を快適にしてくれる強力なプラグインです。

Search Regexは強力なプラグインですが、使い方を間違えると復旧が大変です。

Search Regexを使う前には、必ずデータベースのバックアップを行いましょう。

以上、WordPressでのサイト運営の参考になれば幸いです。

ご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係性に関わらず、純粋にわからないこと情報提供各種コメントなど、お気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする