WordPressのダウングレード方法【WordPress 5.0を過去の4.9.8に戻す】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressのダウングレード方法【WordPress 5.0を過去の4.9.8に戻す】

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、WordPressのダウングレード方法について紹介します。

WordPressが大きくアップデートされたときに、プラグインが対応しておらず利用できなくなることがあります。

そんな時に、一時的にダウングレードして元に戻すことで、プラグインを利用可能にします。

ここでは一例として、WordPreaa 5.0をWordPress 4.9.8にダウングレードする方法を紹介します。

スポンサーリンク

現在のWordPressのバージョンを確認

現在使用しているWordPressのバージョンは、管理画面の「概要」の項目で参照できます。

今回はテスト用にヘテムルで簡単インストールを行い、WordPress 5.0に更新した状態からスタートします。

目標は、このWordPressを4.9.8にダウングレードして元に戻すことです。

古いWordPressのダウンロード

WordPressの公式サイトより、古いWordPressをダウンロードします。

WordPress4.9.8のダウンロード

過去バージョンのWordPressは下のリンクに一覧があります。

過去のWordPres一覧

ダウンロードしたら、解凍してください。

スポンサーリンク

不要なファイルの削除を行う

ダウンロードしたWordPressを、解凍すると、wordpressフォルダ内に、大量のファイルがあると思います。

その中の、wp-contentを削除してください。

もしも戻したいWordPressの中に、wp-config.php.htaccess、がある場合には、これらも削除します。

簡単に、これらのファイルの意味を紹介しておきます。

wp-content

wp-contentには、WordPressの表示に関する情報が含まれています。

使用しているテーマの情報や、プラグインの情報、アップロードした画像も格納されています。

これらも、WordPressのバージョンによって変化しません。

ダウンロードしたWordPressの中から、wp-contentを削除してください。

wp-config.php

wp-config.phpには、データベースとの接続情報が記されています。

wordpressがアップデートされても、データベースとの接続情報は変更されません。

よって、ダウンロードしたWordPressの中から、wp-config.phpを削除してください。

.htaccess

.htaccessは、サーバーの挙動を制御するファイルです。

wordpressには専用のコードがあり、プラグインも.htaccessへの書き込みを行う場合があるので、ダウングレードによって変更されません。

よって、ダウンロードしたWordPressの中から.htaccessを削除します。

ダウングレードしたWordPressをサーバーにアップロードする

残ったファイルをすべてサーバーにアップロードして上書きを行います。

FTPソフトで接続してください。

ちょうど、下の画像の赤線以外がすべて上書きされます(画像はFFFTP)。

先ほどダウンロードし、wp-content、wp-config.php、.htaccessを削除したものを全てアップロードします。

まだFTPとソフトを利用していない場合には、無料ソフトのFFFTPを利用してください。

FFFTPの使い方

データベースの更新を行う

次にデータベースの更新を行います。

再び管理画面に行きます。

WordPressから、データベースの更新が促されます。

WordPress データベースを更新」をクリックして待てば、自動でデータベースが旧バージョンに変更されます。

これで、WordPressのダウングレードが完了します。

管理画面のトップにある「概要」欄を見てみましょう。

下の画像のように、WordPress 4.9.8にダウングレードできています。

なお、新バージョンのWordPressに対応していないプラグインを利用するためにダウングレードを行いました。

しかし、セキュリティ面を考えると、常に最新版のWordPressとプラグインを利用するのがBestです。

なかなか新しいWordPressに対応しないプラグインについては、代替のプラグインを探すか、使用をやめることをお勧めします。

また、WordPress 5.0では、ClassicEditorプラグインを使用することで、2021年までは従来のエディタを使用することができます。

WordPressのダウングレード方法のまとめ

ここまで、WordPressのダウングレード方法について紹介してきました。

FTP接続が可能であれば、比較的簡単にダウングレードできます。

WordPress更新後に、重要なプラグインが動作しなくなった時には、この方法を試してください。

以上、WordPressのダウングレードについて、参考になれば幸いです。

ご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係性に関わらず、純粋にわからないこと情報提供各種コメントなど、お気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする