PowerPointで画像を任意の図形にトリミングする方法【正方形・ハート形へのトリミングを例に】

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、PowerPointで画像を任意の形の図形にトリミングする方法を紹介します。

この記事内では、画像の正方形へのトリミングとハート形へのトリミングを紹介しますが、PowerPointへの基本図形へのトリミングの手順は同じなので、適宜任意の図形でトリミングを行ってください。

ここではサンプルとして、冒頭のねこの写真を使います。

スポンサーリンク

サンプル画像

今回、PowerPointでハート形に切り取る画像は、こちらのサンプル画像を使います。

長方形の画像なので、ハート形にトリミングするには、一度正方形にトリミングをしてから、ハート形にトリミングを行う必要があります。

PowerPointへ貼り付ける

まずは、PowerPointにトリミングしたい画像を貼り付けます。

エクスプローラーで、トリミングしたい画像を表示させて、右クリックをします。

そして、表示されるメニューの中で、コピーをクリックします。

PowerPointを起動し、新しいプレゼンテーションをクリックします。

新しいスライドで白紙を選択します。

白紙のスライド上で右クリックし、貼り付けをクリックします。

なお、CtrlとVを同時に押しても貼り付けが可能なので、試してみてください。

このように、サンプル画像が貼り付けできれば、第一段階は成功です。

スポンサーリンク

PowerPoint正方形へのトリミング

PowerPointに貼り付けた画像をトリミングしていきます。

まず、きれいな基本図形にトリミングを行うには、正方形へのトリミングが必須になります。

先ほど貼り付けた画像をクリックして選択した状態にします。

そして、上にあるメニューバーの書式をクリック。

次に、トリミングの「▼」の部分をクリックし、プルダウンメニューから縦横比(Aをクリック、そして1:1(1)をクリックします。

すると、下の写真のように正方形にトリミングが可能になります。

ドラッグすれば、トリミングの範囲が選択できますので、トリミングしたい位置まで移動し、関係ないところをを一回クリックしてください。

これで、正方形のトリミングが可能になります。

ハート形へのトリミング

次に、ハート形へのトリミングを行います。

先ほどと同様、画像を選択した状態で、トリミングの「▼」の部分をクリックし、今回は

すると、ハート形のトリミングが可能になります。

関係ないところをクリックすればトリミングは完了です。

トリミングした画像を図として保存する

トリミングした画像を保存したい場合、画像を右クリックして図として保存するをクリックします。

画像形式は

  • GIF
  • JPEG
  • PNG
  • TIFF
  • ビットマップ
  • wmf
  • emf
  • svg

形式が可能です。

よく利用するのはjpgですね。

まとめ

ここまで、PowerPointを利用して、画像を正方形に、そしてハート形にトリミングする方法について紹介をしてきました。

ここで紹介している方法は、PowerPointの基本図形すべてに対して同じです。

よって、雲の基本図形を選択すれば、下の写真のように雲の形にトリミングすることも可能です。

簡易的なトリミングはペイントのほうが早くできますが、このような複雑な形状のトリミング、あるいは縦横比を正確に揃えたい場合には、PowerPointを利用してください。

以上、PowerPointで、画像を任意の図形にトリミングする方法について、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする