iPhone 11 Pro Max SIMフリーモデルを購入しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、先日購入したiPhone 11 Pro Max SIMフリーモデルについて紹介します。

スポンサーリンク

携帯ショップと家電量販店の比較

iPhoneを購入する上で、携帯ショップで購入するか、家電量販店で購入するかの2つのパターンがあります。

基本的に家電量販店で購入したほうがお得です。

携帯ショップのiPhone

携帯ショップのiPhoneのメリットは、購入時にすぐに使えること。

各キャリアで利用するための初期設定などがすべて行われており、また販売店で初期設定なども行ってくれるので、すぐに使い始めることができます。

一方で、初期設定の費用などが本体価格に上乗せされているので、高めの価格になります。

さらに、各キャリア専用設定がされているので、

  • ソフトバンクの機種をauで使う
  • auの機種をdocomoで使う

などといったことは基本的にできません。

柔軟性に欠けるのもデメリットと言えます。

POINT

メリット

  • すぐに使い始めれる

デメリット

  • SIMフリーより価格が高い
  • 柔軟性に欠ける

SIMフリーのiPhone

SIMフリーのiPhoneは、家電量販店や通販で購入できるモデルです。

Apple製のiPhoneが工場出荷状態で販売されており、機種代金が携帯ショップで購入するより安いです。

また、SIMフリーモデルはキャリアに依存しないため、どこキャリアでも利用できます。

例えば、最上級モデルのiPhoneにY!mobile等の格安SIMを使い、月額料金を下げることも可能。

キャリアの乗り換え時にも、SIMロック解除などの手間なく移行でき、柔軟性で大きくメリットがあります。

デメリットとしては、キャリアによってはそのまま使えないこと。

docomo、au、ソフトバンクであれば、SIMカードを差し込めばそのまま利用できますが、Y!mobile等、格安系のSIMカードは、プロファイルのダウンロードとインストールなどの作業が必要になります。

POINT

メリット

  • SIMフリーモデルは低価格
  • キャリアに依存しない柔軟な運用

デメリット

  • キャリアによっては初期設定を行わないと使えない

iPhone 11 ProとMaxの違い

現行型のiPhone 11には、

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

があります。

これの違いについて紹介しましょう。

主に違うのはカメラ性能と画面サイズです。

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
CPU A13 Bionac A13 Bionac A13 Bionac
カメラ機能
(レンズ数)
広角, 超広角
(2個)
広角, 超広角, 望遠
(3個)
広角, 超広角, 望遠
(3個)
画面サイズ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ
ディスプレイ 液晶 有機EL 有機EL
バッテリー性能
(ビデオ再生時間比較)
17時間 18時間 20時間
外観 アルミニウム+ガラス ステンレス+ガラス ステンレス+ガラス

基本的には、Pro Maxが最上級モデルであり、機能も追加されている形になります。

ただ、画面が有機ELになるので、液晶タイプと比べて太陽光の下では画面が見えにくくなる場合があります。

iPhone 11 Pro Max 512GB SIMフリーモデルを購入!

今回は、ビックカメラの店頭で、iPhone 11 Pro Max 512GBを購入しました。

購入した商品は、

  • iPhone 11 Pro Max 512GB SIMフリーモデル
  • Apple純正 クリアケース
  • CRYSTAL ARMOR ガラスフィルム

iPhone本体以外のレビューは、別の記事で行います。

iPhone 11 Pro Max 512GB SIMフリーモデル 開封!!!

では、早速開封です。

iPhoneのパッケージって、高級感ありますよね~

箱の厚みも結構あります。

裏面はこのように。

一番上に512GBと書かれています。

SIMリリースピン(SIMカード差し替えの際に必要な道具)は、お店の方からサービスで頂きました。

なお、お店の方の説明では、iPhoneには、SIMリリースピンが同梱されていないということでしたが、iPhone 11 Pro Maxでは同梱されていました。

なので、わざわざピンを購入しなくても、SIMカードの差し替えは可能です。

裏面からフィルムをめくります。

開封しました!

今回のiPhoneはゴールドにしました。

付属品はこの通り。

上の画像の一番左にある封筒上の中には、下の写真のような書類が入っています。

簡単な使い方と取扱説明書、そしてSIMリリースピンです。

あとはAppleのステッカー。

iPhone本体の画面はフィルムで保護されています。

まとめ

ここまで、iPhoneの購入方法について、携帯ショップで購入するのと、SIMフリーモデルを購入する場合の違いと、iPhone 11 Pro Max 512GB SIMフリーモデルのレビューを行ってきました。

以前は携帯ショップでスマートフォンを購入するのが当たり前の時代でしたが、今は家電量販店で購入するほうが安いです。

だんだんと業界内に棲み分けができているようで、

  • キャリアは携帯ショップ
  • 本体は家電量販店

という構図ができ始めています。

初めてSIMフリーモデルを購入する際は不安なこともあるとは思いますが、各キャリアでもSIMフリーモデルの初期設定に関するマニュアルが掲載されています。

手順通りに設定すればだれでも使えるようになるので、次の買い替えの際にはSIMフリーモデルを選んでみてはいかがでしょうか。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする