ロリポップ!の評判と使った感想をまとめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロリポップ!の評判と使った感想をまとめました。

こんにちは。

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトは、IT関係について説明しています。

ここでは、当サイトがいつもお世話になっているロリポップ!レンタルサーバーについて、使った感想とその上での評価についてまとめます。

他サイトとかなり違うことを書いているかもしれませんが、一つの意見として聞き流してください。

スポンサーリンク

ロリポップ!の利用料金

ロリポップ!は完全な有料レンタルサーバーであり、無料版はありません。

エコノミープラン ライトプラン スタンダードプラン エンタープライズプラン
初期費用 1,500円 1,500円 1,500円 2,000円
月額 100円 250円~300円 500円~600円 2,000円~2,300円
php 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
MySQL 利用不可 1個 30個 100個
独自SSL 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
ディスク容量 10GB 50GB 120GB 400GB
ファイル上限 1,00,000個 3,00,000個 5,00,000個 10,00,000個

月額費用は1年契約にすると最安値になります。

MySQLはデータベースのことであり、WordPressの利用可能数になります。

独自SSLは今後のサイト運営では必須となるものです。

ロリポップ!では全プランで独自SSLが利用できます。

ファイル上限は、サーバーに設置できるファイルの数です。

一見多そうに見えますが、WordPressを使い始めると意外と圧迫されます。

ロリポップ!のプランの特徴

静的HTMLサイトにおすすめ:エコノミープラン

一番低価格のエコノミープランでは、初期費用1500円、月額100円~となります。

私はロリポップ!と契約して初めの数か月程度は、このエコノミープランで運営していました。

それまでは無料レンタルサーバーで運営していました。

その時に感じたのが、「有料レンタルサーバーと無料レンタルサーバーの差ってすごい・・・」ってことです。

FTPの速さが全然違います。

まだ無料レンタルサーバーを使っている方は、サイトが成長してからのお楽しみにとっておいてください。

きっと感動します。

数か月利用し、契約の途中に次のライトプランに変更しました。

差額分だけ追加で支払えば、上位プランへの変更はすぐに行われます。

WordPress入門向け:ライトプラン

ロリポップ!のライトプランは、初期費用1500円、月額250円~です。

私の場合はエコノミープランからの変更だったので、追加の初期費用は不要でした。

ライトプランでは、WordPressが利用できます。

ただし、MySQLが1個しかないので、すぐに物足りなくなってくると思います。

私の場合、契約更新の時に、次のスタンダードプランに変更しました。

かなり性能がいい:スタンダードプラン

ロリポップ!のスタンダードプランは、初期費用1500円、月額500円です。

ライトプランと比べ、価格は倍ですが、なんとモジュール版PHPを使えます!

また、MySQLも30個使えるので、WordPressも30個運営できます。

30個のMySQLは、まだまだ使いきれていません(笑)

ちなみに、最近、評判のいいエックスサーバー(X10:月980円~)への乗り換えを検討しました。

しかしお試し期間中に、Googleのツールを使用した私の計測では、ロリポップ!のほうが高速だったので、いまだにロリポップ!を使い続けています。

計測データーの詳細は、別途記事にします。

何が言いたいかというと、ロリポップ!の中でも最もコストパフォーマンスが最強のプランだし、性能的にもかなり良いということです。

★補足

なお、サーバー応答速度については、ものすごいスピードで進化しています。

私の計測した時点ではロリポップ!のほうが高速でしたが、今後は逆転する可能性もあります。

サーバー選びの際は、ネット上の情報を鵜呑みにせず、かならず無料お試し期間のうちに速度計測をして、納得したうえで選ばないと後悔しますよ。

未知の領域:エンタープライズプラン

ロリポップ!のエンタープライズプランは、初期費用3000円、月額費用は2000円からです。

スタンダートプランと比べて、1日の通信量の制限が消えます。

また、MySQLの制限も30個から100個になります。

このエンタープライズプランにお世話になるときは来るのだろうか・・・

いや、来るように頑張ろうと改めて決心しました。

※そのころには別のサーバーに移動している可能性も十分にあります・・・

スポンサーリンク

ロリポップ!に感じる魅力

ロリポップ!はサイト運営において理にかなったサーバー

ロリポップ!はサイト運営において非常に理にかなったレンタルサーバーだと感じました。

サイト運営に必要なのは、高速でコストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーだと思うのです。

レンタルサーバーの価格を抑えながらも、他社の上級レンタルサーバーに匹敵する性能を誇っていました。

サイトの訪問者様へは、高速な応答でストレスを与えません。

サイト運営者へは、レンタルサーバー代を抑えることで、サイト運営の負担を提言してくれます。

よって、ロリポップ!が絶えてくれるうちは、ロリポップ!を使い続けるのが一番理にかなっていると感じます。

ロリポップ!のデメリット

ファイル上限数が厳しい

正直、デメリットとしては、ファイル上限の制約が厳しいかもしれないと感じ始めています。

ロリポップ!のディスク容量はスタンダードプランで120GB。

データベース数は30個、つまり、WordPressも30個設置可能です。

それに対しファイル上限が500,000個です。

これは、ディスク容量やデータベース数の制限の前に、ファイル数上限に引っ掛かりそうです。

したがって、大容量であることをあまり過信しないほうがいい感じがします・・・

ロリポップ!ってファイル数上限がデメリットに感じる理由

ロリポップ!の評判と使った感想のまとめ

ここまで、ロリポップ!の評判と使った感想についてまとめました。

ロリポップ!を使い続けていましたが、訪問者数の増大とともに、ロリポップ!が502エラーを多く出すようになったこと。

さらには、サーチコンソールにおいて、クロールの時間がかかりすぎていることを懸念し、上位モデルのヘテムルに移動しました。

ヘテムルに移動した理由

ロリポップ!自体は使っていて不満もありませんでしたし、サイトの初心者向けには非常にお勧めできます。

ロリポップ!を使いこなせば、1年後の更新の時には本当に欲しいレンタルサーバーも見えて来るでしょう。

その時に、本気のレンタルサーベー選びをしても遅くないです。

以上、レンタルサーバー選びの参考になれば幸いです。

ご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係性に関わらず、純粋にわからないこと情報提供各種コメントなど、お気軽にどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする