【まだまだできる!】Googleハロウィーン2018のゲームが面白いです!

【まだまだできる!】Googleハロウィーン2018のゲームが面白いです!

みなさん、こんにちは!

ブリュの公式ブログ.netにお越しいただきまして、ありがとうございます。

このサイトでは、ITについて特化したサイトを運営しています。

今回は、Googleが公開した2018年のハロウィンのオンラインゲームについて紹介します。

スポンサーリンク

Googleのゲームはどこでできるの?

Googleハロウィーン2018年を記念したゲームは、Google Doodleの一種です。

2018年のハロウィーン期間中は、トップページでもプレイできました。

今はGoogle Doodleのアーカイブページでプレイできます。

今すぐ対戦!

グリーンとパープルに分かれる4対4のオンライン対戦なので、ある程度のプレイヤーが必要になりますが、2018年11月7日現在ではまだプレイヤーがいます。

また、プレイヤーがそろわなかっても、コンピューターが代わりに人数を埋めてくれるため、ゲーム自体はまだまだプレイことができます。

※コンピューターだったキャラには、結果発表画面でオレンジ色のコントローターのアイコンが付きます。

Googleハロウィーン2018はどんなゲーム?

このゲームは、火の玉を取り合うゲームです。

グリーンとパープルに分かれ、自分の操るお化けを動かして、ゲーム内にある火の玉を取り合い、下の画像のように自分の後ろに並べて引っ張ります。

その火の玉を自分の陣地に持ち帰るとポイントになります。

ただし、集めすぎには注意です。

相手が火の玉に触れると奪われてしまうため、適当なタイミングで自陣に持ち帰るのがいいでしょう。

こんな感じで取り合いになります。

2対1で襲われました(笑)

また、陣地に持ち帰った火の玉の数に応じてパワーアップします。

加速

第一段階のパワーアップは「加速」です。

「加速」により動きが早くなります。

火の玉の取り合いになった時に有利です。

暗視

第二段階で「暗視」になります。

暗視では、視界が広がるため、火の玉を発見しやすくなったり、敵の接近に早めに気づくことができます。

磁力

第三段階では、「磁力」が与えられます。

磁石は、近くにある火の玉を引き寄せる力です。

敵のそばを通るだけで火の玉を奪うこともできるようになります。

通り抜け

最終段階が「通り抜け」です。

壁を通り抜けることができるので、やりたい放題に暴れることができます。

ただし、プレイ時間が2分間なので、「通り抜け」までパワーアップするのが難しいです。

スポンサーリンク

実際にやってみました!

実際にやってみると結果の画面でいろいろなコメントが表示されます!

おばけのような人

特に何も評価がない場合には、「おばけのような人」となります。

最高の透明感

いいですね!

親切者

火の玉を一番多く取られると「親切者」になります(笑)

取られたくて取られてるわけじゃないんですけどね・・・(笑)

火の玉トレーナー

一番大きな火の玉を取ると、「火の玉トレーナー」になります。

ポケモントレーナー・・・

親友

バディーポイントが一番多いと「親友」になります。

見方にタッチするとバディーポイントとして、火の玉が5個ぐらいもらえます。

このゲームでは、バディーポイントが一番だったようです。

霊能者

集めた火の玉が一番多いと「霊能者」になります。

1ゲーム中に集めた火の玉の合計で決まります。

試合巧者

一番早く最終段階の「通り抜け」までパワーアップすると、「試合巧者」になります。

ご覧のように、このゲームは555対556と、わずか1ポイント差で勝ったゲームでした。

ほかにもいろいろある!

他にもいろいろなフレーズがあるので、ゲームをやる中で楽しんでください。

例えば、「恥ずかしがり屋さん」とか、「人気者」とかもありますね!

Googleハロウィーン2018のゲームのまとめ

ここまで、Googleが2018年のハロウィーンを記念して公開したゲームについて紹介しました。

現在ではGoogle検索画面からは削除されていますが、Google Doodleのアーカイブページにて公開されています。

2018年のハロウィーンは終了していますが、かなり面白いゲームのためまだまだプレイヤーがいます。

この機会に、ちょっと息抜きで遊んでみてはどうでしょうか?

以上が、Googleハロウィーン2018のゲームの紹介です。

記事の内容に関してご不明な点は、 お問い合わせからお願いします。

記事内容と関係なくても、WordPress等でわからないことがあったらコメントしてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする